臨床技術学科教員紹介

臨床技術学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

臨床技術学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科ブログ

教員紹介

久保野 勝男写真

医療技術学部/臨床技術学科

久保野 勝男
Katsuo Kubono
教授

プロフィール

担当科目臨床化学Ⅰ・Ⅱ、臨床化学実習Ⅰ・Ⅱ
専門分野臨床化学、臨床検査医学、臨床検査システム、脂質代謝、医療技術安全管理学、国際標準
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/杏林大学/2000年
資格認定臨床化学者、臨床病理技術士(臨床検査士;臨床化学)
最終出身校杏林大学大学院医学研究科
過去の経歴(公財)日本適合性認定協会を経て現職
所属団体・学会等生物試料分析化学会常任理事、庶務委員長、甲信越支部長、編集委員、日本臨床検査医学会会員、日本臨床化学会会員、(公社)全国労働衛生団体連合会臨床検査専門委員会委員、日本臨床検査標準協議会理事、ISO/TC 212(臨床検査)国内検討委員会委員、(一財)日本規格協会適合性評価分野産業標準作成委員会委員長

業績等

研究領域臨床化学、臨床検査医学、医療技術安全管理学、国際標準化
研究紹介日常検査の多くが自動分析装置により実施されている一方で、様々なピットホールが存在している。これらに対応する日常検査に及ぼす影響因子の検知・解析および対処方法の研究、ならびに国際標準を取り入れた臨床検査技術の質向上と安全管理システムについての研究。
著書1) 臨床検査の最前線-将来の検査を展望する(企画 矢冨裕)医歯薬出版、2017年、1023-1029.
2) medicina 「これだけは知っておきたい検査のポイント 第9集」(監修 矢冨裕)医学書院、2015年、18-21.
3) 臨床検査室のためのISO 15189 (監修 河合 忠)日本規格協会、2008年、161-172.
4) 測定不確かさ評価の最前線(編著 今井秀孝)日本規格協会、2005年.
5) 国際標準化のための臨床検査英和辞典(編集者代表 河合 忠)薬事日報社、2003年.
受賞歴工業標準化事業表彰(経済産業大臣表彰)受賞(2018年10月)
緑十字賞(労働衛生)受賞(2013年10月)
研究論文1) 久保野勝男. Monoclonal抗体を用いた新しいLipoprotein (a)測定系によるLp(a)の臨床的有用性の研究. 杏林医学 31-45, 2000.
2) 久保野勝男, 櫻林郁之介. Lp(a)測定の標準化と疾患における意義. 生物物理化学 42:287-293, 1998.
3) Kitano K, Kubono.K, et al. Improved method for the immunological detection of malondialdehyde-modified low-density lipoproteins in human serum. Analytica Chimica Acta 509: 229–235, 2003.
4) Yamada S, Kubono K, et al. A new Lp(a) assay that is unaffected by apo(a) size polymorphism. Clinica Chimica Acta 287: 29–43, 1999.
5) Nasu H, Kubono K,et al. Serum soluble CD44 levels for monitoring disease states in acute leukemia and myelodysplastic syndromes. Int J Oncol 13: 525-30, 1998.
6) Nakajima K, Kubono K,et al. Serum remnant lipoprotein cholesterol/triglyceride ratio as an index for screening familial type III hyperlipidaemia. Ann Clin Biochem. 44: 353-359, 2007.
教育に関する活動1) 杏林大学医学部非常勤講師(2001年~2006年、臨床化学および生化学)
2) 新潟医療福祉大学客員教授(2015年~2016年、大学院医療技術安全管理学)
3) このほか、国際認定機関間の評価者資格と評価を実施(2006年~2016年、アジア太平洋試験所認定協力機構 APLAC Evaluatorとしてカナダ、インドネシアの評価を担当)
社会的活動1) IFCC(国際臨床化学会連合)のLP(a)標準化WG Associate member として標準化作業を実施(1996年~2001年)
2) 公益社団法人 全国労働衛生団体連合会 臨床検査専門委員会委員(2003年~)
3) International Laboratory Accreditation Cooperation(ILAC:国際試験所認定協力機構) 相互承認委員会WG9主査、認定技術委員会委員(2006年~2016年)
4) Asia Pacific Laboratory Accreditation Cooperation(APLAC:アジア太平洋試験所認定協力機構) 技術委員会委員、臨床検査小委員会主査(2006年~2016年)