作業療法学科在学生メッセージ

Student's Message #04

波多野 亨太写真

作業療法学科4年
笠原 知寛
新潟県
三条東高校出身

教科書だけでは学べない体験
総合臨床実習では、実際の臨床現場で患者さんを担当します。そのため、教科書だけでは学ぶことのできないことを数多く体験することができ、作業療法士として必要な知識や技術を実践的に学ぶことができます。また、言葉遣いなど社会人としてのスキルも養うことができます。実習は大変なことも多くありますが、終わった後には自分の成長を実感することができます。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけを教えてください。

私は高校時代に人と関わることが好きだったため、人と関わり、人の役に立つことのできる医療福祉関係の職業に就きたいと考えていました。進路を決める時期に祖母が怪我で入院し、病院で作業療法士の方がアクティビティなどの様々な工夫を凝らした治療を行っている場面を見て、「自分もあんなふうに患者さんを支援してみたい」と思い、作業療法士を目指そうと考えました。

Q進学先として本学・所属学科を選んだ理由を教えてください。

私が本学・本学科を選んだ理由は、全国でトップクラスの就職率と国家試験合格率を実現していることに魅力を感じたからです。就職については、学内に就職センターがあり、面接、小論文指導などの充実したサポートを受けることができるため安心して就職活動に臨むことができました。国家試験については、グループ学習や苦手科目の補講など、学生が実力を伸ばせるような充実した試験対策により、高いモチベーションで勉強に励むことができます。

Q学科で体験した「感動エピソード」や「印象に残っているエピソード」を教えてください。

私が印象に残ったことは、総合臨床実習での体験です。担当した患者さんがリハビリによって少しずつ回復していく様子を一緒に共有した時は、とてもうれしく感じました。また、最終日に担当した患者さんから「ありがとうございました」と言われたことがとても嬉しく、今も印象に残っています。実習を通して、患者さんと一緒にリハビリを行うことのやりがいや達成感を感じました。

Q特に印象に残っている学科の施設・設備を教えてください。

施設・設備名:ADL室
この施設は主に日常生活の動作を学ぶ時に使われます。一般的な住宅の居間やキッチン、お風呂などが再現されており、リハビリに使用する道具も揃っているため、日常生活場面でのリハビリを実践的に学ぶことができます。実際の住宅の環境を再現した教室で授業を受けることで、普段何気なく行っている動作の中にもたくさんの種類の動きが含まれていることを肌で感じることができます。

Q将来の夢や目標を教えてください。

作業療法学科で培った知識や技術を基に、常に勉強に励み、幅広い病気や怪我に対応することのできる知識と技術を持った作業療法士を目指していきたいと思います。そして、多くの人の生活を支えていきたいと思います。

Q本学のオープンキャンパスに『これから参加する高校生』にメッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加した時は、在学生に話しかけてみると新たな発見があるかもしれません。先輩たちの生の声を聞くことで、入学後の自分をイメージしやすくなると思います。私が参加した時も先輩の話を聞き、この大学の魅力をさらに知ることができました。

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージをお願いします。

本学科では、充実したカリキュラムや実習環境を備えており、先生方も各分野のエキスパートであるため、これ以上ない学べる環境が整っています。また、少人数ということもあり、学科内の行事も多く、学生同士の仲も良いです。「人と関わることが好き」「作業療法に興味がある」という方は、ぜひ作業療法学科へ入学してください!

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

作業療法学科 メニュー

作業療法学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 教員紹介
学科紹介動画
PCサイトを見る