作業療法学科教員紹介

作業療法学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科オリジ
ナルサイト

作業療法学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

能登 真一写真

リハビリテーション学部/作業療法学科

能登 真一
Shinichi Noto
医療福祉学研究科保健学専攻作業療法学分野長/教授

プロフィール

担当科目作業療法概論、高次脳機能障害評価学、高次脳機能障害作業療法学、QOLの世界
専門分野臨床経済学、神経心理学
学位・称号/取得機関/取得年博士(保健学)/金沢大学/2005年、修士(医科学)/筑波大学/2001年
資格作業療法士
最終出身校金沢大学大学院医学系研究科
過去の経歴大和證券(株)、聖マリアンナ医科大学病院、筑波記念病院を経て現職
所属団体・学会等International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research、International Society for Quality of Life Research、医療経済学会、日本神経心理学会、高次脳機能障害学会、日本リハビリテーション医学会、日本公衆衛生学会、日本衛生学会、日本医療情報学会、日本保健医療福祉連携教育学会、臨床経済研究会、高次神経作業療法研究会、作業療法教育研究会、日本病院管理学会、日本生命倫理学会、QOL/PRO研究会、日本バスケットボール学会、日本脊髄障害医学会

外部リンク

業績等

研究領域リハビリテーションの臨床経済学的研究、高次脳機能障害に対する作業療法アプローチ(EQ-5D, Health Utilities Index,QOL,費用対効果)
研究紹介EQ-5D, Health Utilities Indexという評価道具を用いて健康効用値というQOL指標の信頼性や妥当性を研究しています。また、全国の病院の先生方とともにリハビリテーションの費用効果分析というコストパフォーマンスの研究を実施しています。高次脳機能障害については、半側無視、失行、記憶障害を中心に、それらに対する作業療法介入の開発や治療メカニズムの解明を目指しています。
著書リハビリテーション管理学.医学書院.(共編著),2020
ポケット版 OT臨床ハンドブック 第2版.三輪書店.(共編著),2020
QOLを高める 認知症リハビリテーションハンドブック.医学書院.(共編著),2020
夢幻の空間―半側空間無視の評価と治療.ヒューマン・プレス.(共著),2019
高次脳機能障害作業療法学 第2版.医学書院.(共著),2018
作業療法評価学 第3版.医学書院.(共編著),2017
誰の健康が優先されるのか.岩波書店.(共訳),2017
身体機能作業療法学 第3版.医学書院.(共編著),2016
作業療法概論 第3版.医学書院.(共編著),2016
高次脳機能障害作業療法学 第2版。メジカルビュー社.(共著),2016
PT・OTのための高次脳機能障害ABC。文光堂.(共著),2015
基礎から学ぶ医療経済評価。じほう.(共著),2014
作業療法実践の仕組み 第2版.協同医書出版社.(共著),2014
“作業”の捉え方と評価・支援技術.医歯薬出版.(共著),2011
リハビリテーションにおける評価法ハンドブック.医歯薬出版.(共著),2009
受賞歴第59回日本公衆衛生学会ポスター賞
第68回日本公衆衛生学会優秀演題賞
2014年学術誌「作業療法」最優秀論文賞
研究論文Saito S, et al. Psychological impact of the state of emergency over COVID-19 for non-permanent workers: a Nationwide follow-up study in Japan. BMC public health 21(1) 334 – 334, 2021
Noto S, et al. The relationship between preference-based health-related quality of life and lifestyle behavior: a cross-sectional study on a community sample of adults who had undergone a health check-up. Health and quality of life outcomes 18(1) 267 – 267, 2020
Hagiwaha Y, et al. Mapping EORTC QLQ-C30 and FACT-G onto EQ-5D-5L index for patients with cancer. Health and quality of life outcomes 18(1) 354 – 354, 2020
Mugii N, et al. Availability of EuroQol-5-Dimensions-5-Level (EQ-5D-5L) as health-related QOL assessment for Japanese systemic sclerosis patients. Modern rheumatology 30(4) 681 – 686, 2020
Noto S, et al. Development of a multiplicative, multi-attribute utility function and eight single-attribute utility functions for the Health Utilities Index Mark 3 in Japan. Journal of patient-reported outcomes 4(1) 23, 2020
Noto S, et al. Japanese health utilities index mark 3 (HUI3): measurement properties in a community sample. Journal of patient-reported outcomes 4(1) 9, 2020
Fukuda H, et al. Healthcare Expenditures for the Treatment of Patients Infected with Hepatitis C Virus in Japan. PharmacoEconomics 38(3) 297 – 306, 2020
Murasawa H, et al. Factors contributing to the ceiling effect of the EQ-5D-5L: an analysis of patients with prostate cancer judged "no-problems". Quality of life research 29(3) 755 – 763, 2020
Sumiyoshi T, et al. Relationship of cognitive impairment with depressive symptoms and psychosocial function in patients with major depressive disorder: Cross-sectional analysis of baseline data from PERFORM-J. Journal of affective disorders 258 172 – 178, 2019
Sano T, et al. Influence of Shoulder Joint Function and Postoperative Subjective Symptoms on Health Related QOL of Breast Cancer Patients. Asian Journal of Occupational Therapy 2019; 15:1-10
Iwatani T, Noto S, Tsugawa K. An International comparative Study on EuroQol-5-Dimension Questionnaire (EQ-5D) tariff scores between the UK and Japan. Japan Journal of Medicine. 2018; 1(6): 291 - 296.
Sumiyoshi T, et al. Prospective Epidemiological Research on Functioning Outcomes Related to Major Depressive Disorder in Japan (PERFORM-J): Protocol for a Prospective Cohort Study. JMIR Res Protoc. 2018 25;7(6): e161.
Sengoku A, et al. Cost-Effectiveness Analysis of Transanal Irrigation for Managing Neurogenic Bowel Dysfunction in Japan. JHEOR.2018; 6: 37-52.
Moriwaki K, Noto S. Economic evaluation of osteoporosis liaison service for secondary fracture prevention in postmenopausal osteoporosis patients with previous hip fracture in Japan. Osteoporos Int. 2017 Feb;28(2):621-632.
Shiroiwa T, et al. Comparison of Value Set Based on DCE and/or TTO Data: Scoring for EQ-5D-5L Health States in Japan. Value Health. 2016 Jul-Aug;19(5):648-54.
Yoshimura M, et al. A model-based cost-effectiveness analysis of osteoporosis screening and treatment strategy for postmenopausal Japanese women. Osteoporos Int. 2017 Feb;28(2):643-652.
Shiroiwa T, et al. Societal Preferences for Interventions with the Same Efficiency: Assessment and Application to Decision Making. Appl Health Econ Health Policy. 2016 Jun;14(3):375-85.
Shiroiwa T, et al. Japanese population norms for preference-based measures: EQ-5D-3L, EQ-5D-5L, and SF-6D. Qual Life Res. 2016 Mar;25(3):707-19.
池田俊也,他.日本語版EQ-5D-5Lにおけるスコアリング法の開発.保健医療科学64:47-55,2015
能登真一,他.地域在住の要介護高齢者に対する「生活行為向上マネジメント」を用いた作業療法の効果 多施設共同ランダム化比較試験.作業療法33:259-269, 2014
Izumi R, Noto S, Ikeda S, Fukuda T, Shiroiwa T, Igarashi A. Comparison of three utility measures in stroke patients using item response theory analysis. Niigata Journal of Health and Welfare, 2014; 13 (1): 1-12.
能登真一.Body ownershipとright insula.神経心理学30: 49-55,2014
能登真一.臨床家のための研究のすすめ 作業療法エビデンス作りを目指して.作業療法33:492-497,2014
福田敬,他.医療経済研究における分析手法に関するガイドライン.保健医療科学62:625-640,2014
研究業績2018~2020年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B) 主任研究
2019~2022年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(A) 分担研究
2016~2018年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C) 分担研究
2015~2020年度 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合事業)研究 分担研究
2014~2017年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B) 主任研究
2013~2014年度 文部科学省科学研究費補助金萌芽研究 分担研究者
2011~2013年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C) 主任研究
2012~2013年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B) 分担研究
2010~2018年度 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合事業)研究 分担研究
2008~2010年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C) 主任研究
2007~2009年度 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合事業)研究 主任研究
2006年度 ファイザーヘルスリサーチ財団研究補助金 研究代表者
2004年度 (財)医療経済研究機構(IHEP)研究助成金 研究代表者
社会的活動日本作業療法士協会学術部学会運営委員会委員長、学術誌「作業療法」編集委員,新潟神経心理懇話会世話人, International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research 日本部会評議員,QOL/PRO研究会世話人