理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目標とする資格 学びの特色 カリキュラム 施設・設備 学外実習 ゼミ紹介 就職状況 在学生
メッセージ
卒業生
メッセージ
教員紹介 学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

萩原 康雄写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

萩原 康雄
Yasuo Hagihara
助教

プロフィール

担当科目機能解剖学、応用肉眼解剖、学解剖学実習Ⅰ、解剖学実習Ⅱ、臨床実習Ⅲ
専門分野自然人類学
学位・称号/取得機関/取得年博士(保健学)/新潟医療福祉大学/2018年
資格理学療法士
所属団体・学会等日本理学療法士協会、日本人類学会、日本解剖学会

業績等

研究領域形態学的分析による過去の集団の活動習慣の復元
研究紹介四肢骨の形態から過去に日本列島に居住した人々の生活様式の復元をする研究を行っています。また、古人骨に見られる骨病変およびその原因疾患を検討することで、過去の人々がどのような疾病に苦しんでいたのか、当時の健康状態がどのようなものであったのかを研究しています。
受賞歴・第68回日本人類学会大会 若手会員大会発表賞
・第17回新潟医療福祉学会学術集会 会頭賞
・第73回日本人類学会大会 ポスター賞
研究論文【筆頭論文のみ】
1.Hagihara Y, Ohtani T, Hatano Y, Yoneda M, Suzuki T, Saeki F, Sawada J, Koibuchi R, Nara T. 2019. Heian-period human skeletal remains from the Shomyoji shell midden in Yokohama City, Kanagawa Prefecture. Anthropological Science, 127:
2.萩原康雄.2018.四肢骨の機能適応と活動習慣の復元.季刊考古学,143:31-34.
3.Hagihara Y and Nara T. 2018. Diaphyseal cross-sectional geometry of the metatarsal bones in the Jomon population. American journal of physical anthropology, 166(3): 745-752.
4.Hagihara Y, Nara T. 2017. The characteristic mid-shaft cross-sectional shape of the ulna in Jomon hunter-gatherers, American Journal of Physical Anthropology 164: 10–18.
5.Hagihara, Y, Nara, T. 2016. Morphological Features of the Fibula in Jomon Hunter-Gatherers from the Shell Mounds of the Pacific Coastal Area. American Journal of Physical Anthropology 160: 708–718.
6.Hagihara Y, Nara T, Suzuki T. 2015. Severe Polyarthritis in a Human Skeleton Dated to Early Modern Period of Japan. International Journal of Paleopathology 8: 10-18.
研究業績【科研費】
再考:海と山の縄文人 ‐四肢骨骨幹部から縄文人の生活様式を復元する‐