理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

平林 怜写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

平林 怜
Ryo Hirabayashi
助手

プロフィール

専門分野スポーツ理学療法学、電気生理学
学位・称号/取得機関/取得年修士(保健学)/新潟医療福祉大学/2019年
資格理学療法士
最終出身校新潟医療福祉大学
過去の経歴相澤病院スポーツ障害予防治療センターを経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士協会、臨床スポーツ医学会、日本臨床神経生理学学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本体力医学会
競技歴2009:準硬式野球北信越選抜 全国大会出場

業績等

研究領域関節運動に重要な脊髄相反性抑制に着目して、神経生理学的手法から運動パフォーマンスの改善を目的とした研究
力みが脊髄相反性抑制に及ぼす影響を明らかにする研究
研究紹介関節運動時に重要な脊髄相反性抑制の機能を改善できれば、関節運動の運動パフォーマンスが向上することに繋がります。現在は、他動運動に着目し、他動運動と脊髄相反性抑制の関係を解明する研究を行っています。これが明らかになれば、上位運動ニューロン障害といった中枢疾患患者、高齢者、アスリートに対するリハビリテーションに応用できる可能性があります。
研究論文[筆頭]
1. Hirabayashi R, Edama M, Kojima S, Nakamura M, Ito W, Nakamura E, Kikumoto T, Onishi H. Effects of reciprocal Ia inhibition on contraction intensity of co-contraction. Frontiers in Human Neuroscience. 2019 Jan 11.
2. 平林 怜,村上成道,岩谷友倫,伊坪敏郎,青木啓成.上肢の肢位変化における体幹機能評価の検証-体幹と下肢の筋活動動態に着目して-.理学療法ジャーナル.53(3),2019.
[共著]
1. Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I. The effect of differences in the number of fiber bundles of the anterior tibial ligament on ankle braking function: A simulation study. Surgical and Radiologic Anatomy. (in press)
2. Edama M, Kageyama I, Kikumoto T, Takabayashi T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Inai T, Ikezu M, Kaneko F, Kumazaki A, Inaba H, Omori G. Morphological characteristics of the lateral talocalcaneal ligament: A large-scale anatomical study. Surgical and Radiologic Anatomy. Surgical and Radiologic Anatomy. (in press)
3. Edama M, Ikezu M, Kaneko F, Kikumoto T, Takabayashi T, Hirabayashi R, Inai T, Kageyama I. Morphological features of the bifurcated ligament. Surgical and Radiologic Anatomy.
7. Nakamura M, Hirabayashi R, Ohya S, Aoki T, Suzuki D, Shimamoto M, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Takabayashi T, Edama M. Effect of static stretching with superficial cooling on muscle stiffness. Sports Medicine International Open.
8. Edama M, Kageyama I, Kikumoto T, Nakamura M, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Takabayashi T, Inai T, Onishi H. The effects on calcaneofibular ligament function of differences in the angle of the calcaneofibular ligament with respect to the long axis of the fibula: a simulation study. Journal of Foot and Ankle Research. 2018; 10: 60.
9. Edama M, Kageyama I, Kikumoto T, Nakamura M, Ito W, Nakamura E,Hirabayashi R, Takabayashi T, Inai T, Onishi H. Morphological features of the anterior talofibular ligament by the number of fiber bundles. Annals of Anatomy, 2018; 216: 69-74.
10. Ohya S, Nakamura M, Aoki T, Suzuki D, Kikumoto T, Nakamura E, Ito W, Hirabayashi R, Takabayashi T, Edama M. The effect of a running task on muscle shear elastic modulus of posterior lower leg. Journal of Foot and Ankle Research. 2017; 12(10): 56.
研究業績平成30年度若手研究「過剰な同時収縮を引き起こすIa相反抑制と反回抑制のメカニズムの解明」
社会的活動2013~長野県高校野球連盟委託事業
2014~チーム団体へのメディカルテック(野球,陸上,冬季スポーツ)
2014~成長期を対象とした技術向上教室と障害予防事業
2014~介護予防事業,健康教室
2015~長野県諏訪清陵高等学校硬式野球部トレーナー
2016~松本大学硬式野球部トレーナー
2017~開志国際高等学校スクールトレーナー
2017~新潟医療福祉大学男子サッカー部トレーナー