理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

伊藤 渉写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

伊藤 渉
Wataru Ito
助教

プロフィール

担当科目筋骨格系理学療法学、スポーツ障害理学療法学
専門分野スポーツ理学療法、アスリートサポート
学位・称号/取得機関/取得年博士(体育学)/鹿屋体育大学/2016年
資格理学療法士、認定理学療法士(スポーツ理学療法)、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
最終出身校鹿屋体育大学
過去の経歴横浜市スポーツ医科学センター、八王子スポーツ整形外科を経て現職
所属団体・学会等体力医学会、臨床スポーツ医学会、スポーツ選手のためリハビリテーション研究会、European College of Sport Science、日本理学療法士協会

業績等

研究領域スポーツ障害予防、スポーツにおける外傷・障害調査、動作解析
研究紹介スポーツ選手のけがを防ぐための研究を進めています。
①どのようなけがが発生するのか
②どのようにしてけがが起きるのか
③どうやってけがを防ぐのか
について本大学の強化指定クラブのサポートを通して探究する。
著書川崎渉: 肘関節脱臼の疫学および受傷機転. 福林徹, 蒲田和芳(監修) Sports Physical Therapy Seminar Series (5) スポーツにおける肘関節疾患のメカニズムとリハビリテーション. P91-98, 2011. ナップ.
川崎渉: OKCトレーニングの安全性と実施時期. 福林徹, 蒲田和芳(監修) Sports Physical Therapy Seminar Series (6) ACL再建術前後のリハビリテ-ションの科学. P143-150, 2011 . ナップ.
伊藤渉: 骨盤輪の解剖・運動学. 福林徹, 蒲田和芳(監修) Sports Physical Therapy Seminar Series (8)骨盤・股関節・鼠径部のスポーツ疾患治療の科学的基礎. P3-12, 2013. ナップ.
伊藤渉: 膝前十字靭帯(ACL)損傷の発生メカニズムと予防エクササイズ. 西薗秀嗣, 加賀谷善教(編集) ケガをさせないエクササイズの科学―トレーニングから運動療法まで. 2015年3月. 大修館.
伊藤渉: フィールドテスト ラグビー. 片寄正樹, 小林寛和, 松田直樹(編集) 理学療法プラクティス 機能評価診断とその技法. P189-195, 2017. 文光堂
受賞歴スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会第34回研修会奨励賞
第17回新潟医療福祉学会学術集会新潟医療福祉学会賞奨励賞
研究論文加賀谷善教, 川崎渉ほか: 二次元画像で算出したKnee in distanceおよびHip out distanceの妥当性. 体力科学. Vol. 59, 407-414. 2010.
川崎渉, 加賀谷善教, 関屋曻: 片脚着地における膝外反と股関節外転筋筋活動の関係. Journal of Athletic Rehabilitation. No.7, 23-28, 2011.
伊藤渉, 高橋佐江子, 奥脇透, 川原貴: 男子高校生ラグビー選手における膝前十字靭帯損傷の受傷機転に関する大規模調査. 日本臨床スポーツ医学会誌. Vol. 23, No. 3, 467-471. 2015.
伊藤渉, 加賀谷善教, 川原貴. 片脚ホップ動作の方向による膝外反角度の違い. 日本臨床スポーツ医学会誌. Vol. 24, No. 1, 29-35. 2016.
教育に関する活動2017.3.21-27, カリフォルニア州立大学フラトン校Faculty Development Seminar Series修了
社会的活動新潟県ラグビーフットボール協会理事・安全対策委員長
ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト水泳(飛込)トレーニング講師
ラグビーU19/U20/ジュニアジャパン日本代表トレーナー(2013-2014)