理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

正木 光裕写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

正木 光裕
Mitsuhiro Masaki
講師

プロフィール

担当科目中枢神経系理学療法学、発達障害理学療法学、こどもの世界
専門分野理学療法学
学位・称号/取得機関/取得年博士(人間健康科学)/京都大学/2016年
資格理学療法士
最終出身校京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻
過去の経歴群馬整肢療護園、津名病院、関西総合リハビリテーション専門学校、京都大学医学部人間健康科学科研究生を経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士協会、日本臨床バイオメカニクス学会、日本リハビリテーション医学会

業績等

研究領域小児/成人の患者を対象としたリハビリテーション
研究紹介肢体不自由児、重症心身障害児のリハビリテーションに関する研究
知的障害児、発達障害児のリハビリテーションに関する研究
運動器疾患患者、高齢者、神経疾患患者のリハビリテーションに関する研究
著書【著書】
1. 正木光裕. 上杉雅之・成瀬進監訳. 脳性麻痺のクリニカルリーズニングアプローチ 理学療法・作業療法 評価と治療. 第1版. 医歯薬出版株式会社. 2011. 159-174.
2. 正木光裕. 福井勉編集. ブラッシュアップ理学療法 88の知が生み出す臨床技術. 第1版. 三輪書店. 2012. 359-361.
3. 正木光裕. 市橋則明編集. 身体運動学 関節の制御機構と筋機能. 第1版. MEDICAL VIEW. 2017. 339-382.
4. 正木光裕. 上杉雅之監修. 99のWeb動画付イラストでわかる小児理学療法学演習. 第1版. 医歯薬出版株式会社. 2018. 28-37.
5. 正木光裕. 浅川康吉編集. 地域理学療法学. 第1版. MEDICAL VIEW. 2019. 100-118, 280-283.
6. 正木光裕. 辛島千恵子編集. 人間発達とライフサイクル. 第1版. 理工図書株式会社. 2019.
【総説】
1. 正木光裕: AIがリハビリテーションに与える影響 小児疾患におけるリハビリテーションロボットの視点から. 理療. 2018; 48(2); 11-16.
受賞歴1. 第47回日本理学療法学術大会 優秀賞.
研究論文1. Masaki M, Tateuchi H, Tsukagoshi R, Ibuki S, Ichihashi N. Electromyographic analysis of training to selectively strengthen the lumbar multifidus muscle: The effects of different lifting directions and weight loading of the extremities during quadruped upper and lower extremity lifts. J Manipulative Physiol Ther. 2015; 38(2): 138-144.
2. Masaki M, Ikezoe T, Fukumoto Y, Minami S, Tsukagoshi R, Sakuma K, Ibuki S, Yamada Y, Kimura M, Ichihashi N. Association of sagittal spinal alignment with thickness and echo intensity of lumbar back muscles in middle-aged and elderly women. Arch Gerontol Geriatr. 2015; 61(2): 197-201.
3. Masaki M, Ikezoe T, Fukumoto Y, Minami S, Aoyama J, Ibuki S, Kimura M, Ichihashi N. Association of walking speed with sagittal spinal alignment, muscke thickness, and echo intensity of lumbar back muscles in middle-aged and elderly women. Aging Clin Exp Res. 2016; 28(3): 429-434.
4. Masaki M, Aoyama T, Murakami T, Yanase K, Ji X, Tateuchi H, Ichihashi N. Association of low back pain with muscle stiffness and muscle mass of the lumbar back muscles, and sagittal spinal alignment in young and middle-aged medical workers. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2017; 49: 128-133.
5. Masaki M, Ikezoe T, Kamiya M, Araki K, Isono R, Kato T, Kusano K, Tanaka M, Sato S, Hirono T, Kita K, Tsuboyama T, Ichihashi N. Association of activities of daily living with the load during step ascent motion in nursing home-residing elderly individuals. Am J Phys Med Rehabil. 2018; 97(10): 715-720.
6. Masaki M, Tateuchi H, Koyama Y, Sakuma K, Otsuka N, Ichihashi N. Back muscle activity and sagittal spinal alignment during quadruped upper and lower extremity lift in young men with low back pain history. Gait Posture. 2018; 66: 221-227.
7. Masaki M, Ikezoe T, Yanase K, Ji X, Umehara J, Aoyama J, Minami S, Fukumoto Y, Watanabe Y, Kimura M, Ichihashi N. Association of pain history and current pain with sagittal spinal alignment and muscle stiffness and muscle mass of the back muscles in middle-aged and elderly women. Clin Spine Surg. 2019.
8. Masaki M, Ji X, Yamauchi T, Tateuchi H, Ichihashi N. Effects of the trunk position on muscle stiffness that reflects elongation of the lumbar erector spinae and multifidus muscles: An ultrasonic shear wave elastography study. Eur J Appl Physiol. 2019.
研究業績1. 平成28⁻29年度:脳性麻痺児の運動発達と関連する体幹・下肢筋の筋量および筋内非収縮組織の解明(文部科学省・研究活動スタート支援・代表)
2. 平成30⁻32年度:脳性麻痺児の運動、日常生活動作および筋機能と関連する姿勢制御の解明(文部科学省・若手研究・代表)
3. 平成29年度:脳性麻痺児の日常生活動作、認知の発達と関連する上肢筋の筋量および筋内非収縮組織の解明(古川医療福祉設備振興財団研究助成・第5回・代表)
教育に関する活動1. 関西総合リハビリテーション専門学校 非常勤講師(2010~2015)
2. 京都医健専門学校 非常勤講師(2013~2016)
3. 大阪行岡医療大学 非常勤講師(2014~2016)
社会的活動1. 新潟医療福祉大学小児リハビリテーション研究センター センター長(2017~)
2. 新潟県理学療法士会障がい児・者支援委員会 委員(2017~)
3. 新潟市就学支援委員会 副委員長(2018~)
4. 第7回日本小児理学療法学会学術大会 準備委員(2018~)