理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

宮口 翔太写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

宮口 翔太
Shota Miyaguchi
助教

プロフィール

担当科目基礎運動学、運動学実習、日常生活活動学、臨床実習Ⅰ
専門分野理学療法学、神経生理学
学位・称号/取得機関/取得年博士(保健学)/新潟医療福祉大学/2017年
資格理学療法士
最終出身校新潟医療福祉大学大学院
過去の経歴中条中央病院を経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士協会、日本臨床神経生理学会、日本基礎理学療法学会、日本股関節学会、全国大学理学療法学教育学会

業績等

研究領域運動と脳活動に関する神経生理学的研究
研究紹介反復的な単純運動や、調節が必要な複雑運動、脳の活動を変化させることができる脳刺激法などによってヒトの脳活動や運動パフォーマンスがどのように変化するのかを神経生理学的側面から研究しています。
受賞歴平成27年度「理学療法学 第7回学術誌優秀論文賞 優秀賞」
研究論文<国際誌>
1. Miyaguchi S, Onishi H, Kojima S, Sugawara K, Tsubaki A, Kirimoto H, Tamaki H, Yamamoto N. Corticomotor excitability induced by anodal transcranial direct current stimulation with and without non-exhaustive movement. Brain Research. 1529: 83-91. 2013.
2. Miyaguchi S, Kojima S, Kirimoto H, Tamaki H, Onishi H. Do differences in levels, types, and duration of muscle contraction have an effect on the degree of post-exercise depression?. Frontiers in human neuroscience. 10: 159. 2016.
3. Miyaguchi S, Kojima S, Sasaki R, Kotan S, Kirimoto H, Tamaki H, Onishi H. Decrease in short-latency afferent inhibition during corticomotor postexercise depression following repetitive finger movement. Brain and Behavior. 2017.
4. Miyaguchi S, Kojima S, Sasaki R, Tamaki H, Onishi H. Modulation of short-latency afferent inhibition and short-interval intracortical inhibition by test stimulus intensity and motor evoked potential amplitude. Neuroreport. 2017.
5. Miyaguchi S, Otsuru N, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Masaki M, Onishi H. Transcranial alternating current stimulation with gamma oscillations over the primary motor cortex and cerebellar hemisphere improved visuomotor performance. Frontiers in behavioral neuroscience. 2018.
6. Miyaguchi S, Otsuru N, Kojima S, Yokota H, Saito K, Inukai Y, Onishi H. Gamma tACS over M1 and cerebellar hemisphere improves motor performance in a phase-specific manner. Neuroscience Letters. 694:64-68.2018.
<国内誌>
1. 宮口翔太,小島 翔,菅原和広,桐本 光,田巻弘之,大西秀明.手指運動課題動作の違いが皮質脊髄路興奮性に与える影響(2013)第28回日本生体磁気学会誌.
2. 宮口翔太,大西秀明,小島 翔,菅原和広,桐本 光,田巻弘之,山本智章.経頭蓋直流電流刺激の効果的な介入方法の検討-電極貼付部位および電流強度の影響-.理学療法学. Vol.42. No.3. 213-219. 2015.
研究業績平成29年度科研費若手B「Homeostatic plasticityを利用した経頭蓋直流電流刺激法の考案」