理学療法学科教員紹介

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

理学療法学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 大学紹介
動画
学科オリジ
ナルサイト

教員紹介

佐藤 成登志写真

リハビリテーション学部/理学療法学科

佐藤 成登志
Naritoshi Sato
教授

プロフィール

担当科目臨床実習Ⅲ、徒手理学療法学、加齢と身体、高齢者健康増進学、理学療法概論、理学療法ゼミⅡ、研究法
専門分野腰痛、徒手的治療
学位・称号/取得機関/取得年博士(工学)/新潟大学/2008年
資格理学療法士、専門理学療法士(教育・管理、運動器)
最終出身校新潟大学大学院自然科学研究科
過去の経歴県西部医療センター 理学療法士、新潟リハビリテーション専門学校 理学療法学科主任、新潟リハビリテーション病院 理学療法科 主任、新潟医療福祉大学 臨床助教授を経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士学会、日本腰痛学会、日本臨床バイオメカニクス学会、日本運動器疼痛学会、理学療法科学学会、新潟医療福祉学会

業績等

研究領域腰痛のメカニズムと理学療法、加齢に伴う脊柱アライメントと筋動態、徒手的治療(マイオチューニングアプローチ等)による筋調整に関する研究
研究紹介加齢に伴う姿勢や筋肉などの機能変化を分析する。さらに腰痛との関連性を推測し、その具体的な治療や運動を考える。
著書6ステップ式理学療法士のための臨床動作分析マニュアル(文光堂、2005年第1版、2010年第2版)、理学療法事典(医学書院、2006)、評価から治療手技の選択(2006、文光堂)、障害別ケースで学ぶ理学療法臨床思考(2007、文光堂)、臨床理学療法マニュアル 改訂第2版(南江堂、2007)、続 障害別ケースで学ぶ理学療法臨床思考(2009、文光堂)、理学療法学自習ワークブック(診断と治療、2012)、エビデンスに基づいた徒手療法(訳監修)(ガイヤブック、2013)、実践ストレッチ痛みを緩和して損傷を予防する(訳監修)(ガイヤブック、2013)、概説理学療法第2版(2015、文光堂)
受賞歴特別功労賞(新潟県理学療法士会、2008)
特別功労賞(新潟県理学療法士会、2010)
特別功労賞(新潟県理学療法士会、2011)
新潟医療福祉学会誌会頭賞、2014
役員功労賞(新潟県理学療法士会、2014)
研究論文臨床で使える段階的動作分析の手順、理療Vol.37 No.2(2007)
逆動力学解析法を用いた片麻酔患者の上肢運動機能評価システム、バイオメカニズム学会記Vol.32 No.4(2008)
ポールへの荷重量を統一したノルディックウォーキングが運動強度、筋活動、呼吸機能に与える影響、Walking Research16(2012)
MRIを用いた女性腰部疾患例における大腰筋特性、新潟医福13(2)(2014)
OSCEの準備学習期間における学生の主体的学習活動の検討、新潟医福14(2)(2015)
新潟医療福祉大学におけるアスリートへのアスレティックリハビリテーションサポート状況について、新潟医福14(2)(2015)
加齢に伴う体幹筋群の筋厚変化、理学療法新潟18(2015)
腰椎変性後弯症に対する介入効果. 理学療法科学31(5)(2016)
ロコモティブシンドロームにおける脊椎疾患と筋肉:サルコペニアと成人期の脊柱変形に関連して.新潟医学会誌130(2016)
A Longitudinal Study on the Quality of Life of Patients with Hip Osteoarthritis Undergoing Continuing Conservative Treatment.International Journal of Physical Therapy & Rehabilitation 2(2016)
腰部筋持久力テスト:脊柱変形のある高齢者への実施の検討.日本運動器疼痛学会誌9(2)(2017)
慢性腰痛を有する成人脊柱変形者に対する3ヶ月の介入効果.日本運動器疼痛学会誌.9(2)(2017)
当院回復期リハビリテーション病棟入院時のFIM総得点からみた脳卒中患者の退院時の傾向.理学療法新潟20(2017)
高齢者脊柱変形に対する運動療法、ペインクリニック40(2)(2019)
研究業績平成26-28年度:非特異的腰痛者の新規測定評価の提案-腰部多裂筋の筋血流状態ー(文部科学省・挑戦的萌芽研究、代表)
教育に関する活動理学療法士・作業療法士 養成施設等教員長期講習会 修了
社会的活動公益法人日本理学療法士協会 代議員、公益法人新潟県理学療法士会 会長、日本マイオチューニングアプローチ学会 理事、日本腰痛理学療法研究会 評議委員