看護学部看護学科

医療情報管理学科

看護学科

看護学科では、卒業時の看護師、保健師、助産師の国家試験受験資格、及び養護教諭一種免許取得に対応したカリキュラムを配置し、自ら考え実践する力を養うとともに、保健・医療・福祉・スポーツの総合大学であるメリットを活かした連携教育で、チーム医療に対応し、あらゆる領域で活躍できる看護専門職を育成することを目的としています。

看護学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科ブログ

看護学科 メニュー

学科トップ 目指す資格 カリキュラム 施設・設備 ゼミ紹介 学外実習 在学生
メッセージ
就職状況 卒業生
メッセージ
教員紹介 学科紹介
動画
学科ブログ

目標とする資格

  1. ※ 保健師、助産師、養護教諭一種は選択制で、いずれか一つのみ選択可能です。
  2. 【選択可能人数 保健師83名、助産師5名、養護教諭10名】保健師の定員数は3年次編入者を含みます。

国家試験合格率と就職内定率

2018年度 看護師
国家試験合格率
97.6%
全国平均89.3%
2019年 3月卒業生
就職内定率
100%

学びの特色

看護専門職として求められる真の「チーム医療」を学ぶ

イメージ図

「チーム医療」の中心的立場である看護専門職には、様々な専門職の役割を理解し、情報共有をするための高いコミュニケーション力が求められます。本学では、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉の総合大学であるメリットを活かし、他学科の学生とともに学ぶ『連携教育』を導入し、「チーム医療」の一員として求められる実践的なスキルを磨いていきます。ホンモノの「チーム医療」を学ぶためには、その環境が必要です。本学科にはそのすべてが揃っています。

多様な資格取得をサポート

イメージ図

看護師、保健師、助産師の国家試験受験資格に加え、養護教諭一種免許取得に対応したカリキュラムを配置し、将来、幅広い分野での活躍を目指します。

※保健師国家資格取得と教職免許申請に必要な単位の修得により、養護教諭二種免許を取得できます。

充実した教師陣

イメージ図

看護学におけるすべての領域に専任の教員を配置し、経験豊かな教師陣による専門的な指導を行います。

シミュレーション教育で高い看護技術を磨く

全国の養成校で実施されている学外実習では、看護師免許を持たない学生が、実際の患者様へ看護を実践する機会は限定されているのが実情です。そこで本学科では、領域ごとに模擬病室(助産・小児・成人)を備えた「メディカルシミュレーション教育センター」を設置し、全国でも導入例の少ない高性能シミュレータ(模擬患者ロボット)を活用することで、臨床現場さながらのリアルな環境で看護技術をシミュレーションできる独自の教育を行っています。

「高性能シミュレータ」で看護実践力を磨く

イメージ写真

本センターには、コンピュータ制御により妊婦・小児・成人などの対象別の特徴や体温・呼吸・脈・心拍などのバイタルサイン(生命兆候)を再現することのできる高性能シミュレータを設置しています。学生はこれらシミュレータが再現する様々な症状に対して、必要な看護を考え、繰り返し実践することで、判断力を養い対象者に合わせた看護実践力を身につけます。

演習の振り返り学習を支援

イメージ写真

高性能シミュレータを用いた模擬病室での学習の様子は、別室のモニターでリアルタイムに見学することができます。また、録画・録音が可能なため、学生は振り返り学習を行い、自らの課題を確認し、必要な知識・技術を磨くことができます。

TOPICS & NEWS

一覧を見る

看護学科 ブログ

一覧を見る

学科長メッセージ

看護学科長 塚本康子教授写真

松井 由美子
Yumiko Matsui
看護学科長
教授

保健医療福祉専門職の一員として社会で活躍できる人間性豊かで実践力のある看護専門職を育成します

看護職が保健医療福祉専門職チームの中で果たす役割は重要です。人がより良く生きることを支える専門職として、最近では、高度実践看護師や専門看護師、認定看護師といった更に高度な専門職が年々誕生し、活躍の場を広げています。様々な現場で多職種と連携することでその専門性がさらに活かされていくと思います。看護学科では新しいことや未知のことに挑戦し探究する人、命の重みについて考えることのできる人を求めています。皆さんの入学を心からお待ちしています。