トピックス&ニュース

【理学療法学科】愛媛県久万高原町上黒岩第二岩陰遺跡で発掘を行ってきました。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

理学療法学科 人類学・解剖学Labの奈良貴史教授、萩原康雄助教、大学院生の鯉渕さんが5月2日(水)から6日(日)にかけて、中央大学が主催する愛媛県久万高原町上黒岩第二岩陰遺跡で行われました発掘調査に参加しました。本調査では昨年度に発見されていた多数の縄文時代人骨の取り上げ作業を行いました。調査は順調に進行し、日程内で確認されていた全ての人骨が取り上げられました。

これらの人骨は、縄文時代人骨の中でも特に古い年代に属し、非常に大きな学術的価値を持ちます。今後、これらの人骨の研究を行い、成果を発表していく予定です。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

このページの先頭へ戻る