トピックス&ニュース

【作業療法学科】外川佑助教の論文が「総合リハビリテーション」に掲載されました。

作業療法学科の外川佑助教らの研究論文が『総合リハビリテーション』に掲載されました。外川助教はこれまでに、本学の関連病院である新潟リハビリテーション病院および筑波大学システム情報工学研究科リスク工学専攻と連携し、脳卒中や頭部外傷等の脳損傷者を対象に、脳損傷後の自動車運転再開にむけた評価・訓練に関する研究を行っています。今回は、近年、医療機関で普及しているドライビングシミュレータを用いた臨床研究の成果についての報告です。

研究の概要と外川助教らのコメントは以下の通りです。

脳損傷者に対するドライビングシミュレータ訓練とリプレイ機能を用いたフィードバックの効果

研究の概要:
自身の運転能力の過大評価は運転の危険因子とされていますが、脳損傷者の運転の過大評価に対する介入研究はこれまで報告されていませんでした。本研究では、前後比較研究のデザインを用いて、ドライビングシミュレータ訓練とドライビングシミュレータのリプレイ機能を用いたフィードバックが運転パフォーマンスや自身の運転の過大評価を改善させるかを検証しました。20名の脳損傷者に対して、市街地コースを走行するDS訓練と作業療法士によるリプレイ機能を用いたFBを組み合わせた介入を実施したところ、ドライビングシミュレータの運転パフォーマンス向上や適正な自己評価を促し、運転行動を改善させることが示唆されました。

外川助教からのコメント:
本研究結果は、作業療法士が医療機関や施設等でドライビングシミュレータを用いた運転訓練を行うエビデンスの一つとなりえると考えています。今後は、本研究結果をもとに、ドライビングシミュレータ訓練の実車運転に対する効果を検証していきたいと考えています。

原著論文情報
外川 佑, 村山 拓也, 佐藤 卓也, 﨑村 陽子, 伊藤 誠: 脳損傷者に対するドライビングシミュレータ訓練とリプレイ機能を用いたフィードバックの効果. 総合リハビリテーション 46(5), 465-471, 2018.

作業療法学科の詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/ot/

作業療法学科オリジナルサイトはこちら
https://www.nuhw-ot.com/

このページの先頭へ戻る