トピックス&ニュース

【社会福祉学科】 早期から就職ガイダンスを続々開催!

画像1 画像2

できるだけ早く優秀な人材を確保したいと、福祉業界の求人も年々早くなっています。それに伴い、学科の就職ガイダンスも細分化し、前倒しして開催しています。

昨年12月7日の第1回就職ガイダンスを皮切りに、2回目を2月27日、3回目を4月26日に開催しました。幅広い福祉業界知識を持った学部長、学科長の強く熱いメッセージでスタートし、就職活動のイロハや求人票の見方といった具体的な就活指導、新潟の福祉を支える現場のソーシャルワーカーの講義など、本学科ならではの中味の濃いガイダンスが展開されています。

新たな企画として、職種別ガイダンス(公務員、医療ソーシャルワーカー、障害児者・高齢者施設など)を開催し、それぞれの分野に特化したデータや求人事情が得られるような取り組みも行い、今年度もさらに4年生が思う存分チャレンジし、希望通りの就職先に決まるよう、全力応援しています!

・写真1枚目
第3回就職ガイダンスの様子。緑風園(のぞみの家福祉会)の渡辺陽一園長、十字園(更生慈仁会)の古俣健園長から、「福祉施設で求める人材像」、「採用試験のポイント」等についてお話しいただき、フロアとの活発な質疑応答が行われました。
・写真2枚目
医療機関への就職を考えている学生向けガイダンス(4/19)を開催。60名弱の4年生が参加しました。医療ソーシャルワーカーの草分けとして活躍した横山先生から、医療ソーシャルワーカーの仕事、新潟の求人事情等を丁寧にご説明いただきました。

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

このページの先頭へ戻る