トピックス&ニュース

【義肢装具自立支援学科】本学卒業生が青年海外協力隊として、東ティモールにて「義肢装具の製作支援」を実施。 当該活動内容の特別講義を開催します!

画像1

新潟医療福祉大学 義肢装具自立支援学科卒業の宮田祐介さん(第3期卒業生 2013年卒業)は、2016年7月11日~2018年7月1日までの2年間にわたる青年海外協力隊員として東ティモールに派遣され、現地の切断者等の障害者への義肢装具の製作や、現地技術者への教育などの技術支援の任期を終了し帰国しました。
 宮田さんは、2013年に本学科を卒業生し、奈良県の義肢装具製作企業で義肢装具士として2年間の実務経験を積んだ後、かねてから目標にしていた青年海外協力隊に参加し、無事、その任務を終了しました。
この度、本学では、下記の日程で、宮田さんの東ティモールでの活動を本学学生に伝え、本学学生が国際的に担うべく義肢装具士の役割の理解を深め、今後の目標に向けた道標となる特別講義を実施いたします。

==========開催概要===================
【日時】:2018年8月7日(火) 3限(13:10-14:40)
【場所】:L312
【講師】:宮田 祐介さん(AT学科3期生 2013年3月卒業)
【講義内容】:東ティモールにおける義肢装具士(青年海外協力隊)の役割と技術支援

=====================================

義肢装具自立支援学科の詳細はこちら>>
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/

このページの先頭へ戻る