トピックス&ニュース

【ダンス部】全国大学創作ダンスコンクール(アーティスティックムーブメント・イン・トヤマ2018)にて「審査員賞」受賞!

画像1 画像2

9月16日(日)~17日(月)に富山県高岡市ふくおか総合文化センターで「全国大学創作ダンスコンクール(アーティスティックムーブメント・イン・トヤマ2018)」が行われ、本学は2チームが出場しました。

このコンクールは高岡市や市教委などでつくる実行委員会によってソロから5名までの少人数専用の創作ダンスコンクールとして実施され始めたもので、今年で21回目となります。
今年は全国から33大学・短大の57チーム約200人が参加しました。

少人数で競い合うこのコンクールでは、より個々の技術と独創的かつ斬新な表現・身体性が評価され、プロダンサーを目指す大学生たちの登竜門としても称されるコンクールです。

一握りが受賞を受けるこのコンクールにおいて、本学ダンス部は、第3位に相当する「審査員賞」を受賞しました。これは本学ダンス部において創部以来初の受賞であり、かつ新潟県内発の受賞でもあります。

受賞作品タイトル:『訝しげ』

出演メンバー:
茂木孝介(健康スポーツ学科2年)
中林みなみ(健康スポーツ学科2年)
菊池綾(看護学科2年)
箱岩輝(健康スポーツ学科1年)
斎藤汐音(健康スポーツ学科1年)

以下は、受賞作品の作者として作品をまとめた茂木孝介選手(健康スポーツ学科2年)のコメントです。

「今回初めて作者を務め『訝しげ』という作品をつくらせていただき、審査員賞を受賞することができました。疑い深い様子や関係性をテーマにしました。踊りで表現することは難しい内容でしたが、動物的な動きを取り入れたり仕草など動きの幅を広げたりすることで作品を作っていきました。
メンバー間の雰囲気もとても良く、練習では試行錯誤することもありましたが、笑いが絶えず明るいムードで練習をすることができました。踊りの技術はもちろん大事ですが、チームワークの良さも大事ということをこの大会期間中に学べました。色々と支えてくれたメンバーには感謝しています。そして応援して下さったダンス部の皆さんにも感謝しています。皆さんありがとうございました。」

また、この作品は優秀作品として2019年1月に東京で開催される「座・高円寺ダンスアワード」公演にて再演されることが決定しています。

今後ともダンス部への応援をどうぞよろしくお願いいたします。

>>ダンス部の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/sport/dance/

このページの先頭へ戻る