新潟医療福祉大学

大学トピックス

【理学療法学科・運動機能医科学研究所】江玉睦明准教授らの研究論文が国際誌『Surgical and Radiologic Anatomy』に掲載されました!

画像1

江玉睦明准教授(スポーツ医科学Lab、運動機能医科学研究所、アスリートサポート研究センター)らの研究論文が国際誌『Surgical and Radiologic Anatomy』に掲載されました!
江玉先生の論文掲載は、今年度すでに三本目となる快挙です。

江玉先生はこれまで解剖学的アプローチよりスポーツ外傷・障害の原因解明を行っております。今回の研究では、足関角捻挫の時に損傷しやすい前距腓靭帯の特徴について研究した内容となっております。

前距腓靭帯が3本のタイプは1本や2本のタイプと足関節の制動機能が異なることを発見!

研究の概要:
足関節を捻挫した際に頻回に損傷する靭帯に前距腓靭帯があります。その前距腓靭帯には4つのタイプがあることを昨年報告しました。今回は、そのタイプの違いにより足関節の制動機能が異なるかどうかをシミュレーションを用いて検討しました。その結果、前距腓靭帯が3本のタイプは他のタイプに比べて足関節の制動機能が異なり、捻挫をしやすい可能性を明らかにしました。

江玉先生からのコメント:
本研究結果は、遺体を対象にした研究になります。今後は、足関節や足部に存在する全ての靭帯の解剖学的な研究を行っていきたいと考えています。そして、本研究結果を基に生体を対象に研究を進めていき、足関節や足部に発生するスポーツ障害の予防法の発明に繋げていきたいと考えています。

研究のポイント
1. 前距腓靭帯のタイプ分類
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/181015-1.pdf (172KB)
1:前距腓靭帯、2:前距腓靭帯(上部線維束)、3:前距腓靭帯(下部線維束)
4:前距腓靭帯(中部線維束)、5:踵腓靭帯、A:前方、P:後方
赤線:上部、青線:中部、緑線:下部

2. シミュレーションの結果
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/181015-2.pdf (109KB)

原著論文情報
Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I.The effect of differences in the number of fiber bundles of the anterior tibial ligament on ankle braking function: A simulation study. Surgical and Radiologic Anatomy.[in press]

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

×画面を閉じる