トピックス&ニュース

【NUHW Para TFC(障害者陸上教室)】2018福井国体 障害者スポーツ大会で金メダル4つを獲得!

画像1 画像2 画像3 画像4

10月13日(土)~15(月)に第18回 全国障害者スポーツ大会が福井県にて開催され、本学内で開催されている「NUHW ParaTFC(障害者陸上教室)」に参加している森 貴史さんと義肢装具自立支援学科の佐藤 未希 助教の2名が新潟市代表の選手として出場しました。
大会では2名共に「50m走」へ出場したほか、森選手が「ソフトボール投げ」、佐藤選手が「立ち幅跳び」の種目に出場し、「立ち幅跳び」では大会新記録にあと4㎝に迫る1m40㎝を記録するなど、各種目で高い成績を残し、それぞれの種目において金メダルを獲得する快挙を成し遂げました!

また、本大会には本学、丸田副学長が新潟市選手団の団長となり選手を応援していただいたほか、社会福祉学科の学生11名がボランティアとして参加し、新潟県・新潟市の選抜選手団へのサポート活動を行ってきました。

本学では「NUHW ParaTFC(障害者陸上教室)」をはじめとした実践的な活動を通して、今後もパラアスリートへの支援や、障害者スポーツの発展に貢献できる取組を推進していきます。

『NUHW ParaTFC (障害者陸上教室) 』とは
月に1度、義足使用者に対して部品の貸し出しやランニング指導、グランドを提供し、地域の障害のある方々が気軽に参加できる環境作りと本学学生がスポーツ義肢と身近に接し、現場に近い感覚を肌で感じられる教育面での充実と他業種との連携、新潟県障害者スポーツの発展と障害者スポーツに関する研究を目的に活動しています。

>>義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

このページの先頭へ戻る