トピックス&ニュース

【診療放射線学科】認知症初期の簡易検査研究で株式会社ワコム様とコクヨ株式会社様が本学に協力

株式会社ワコム様(以下、ワコム)とコクヨ株式会社 様(以下、コクヨ)は11月29日(木)、児玉直樹教授(診療放射線学科)が共同で行っている認知症初期の簡易検査研究に協力していることを発表しました。この研究は、被験者の手書きの筆跡を経時的に記録できるコクヨの「電子下敷」とワコムの「デジタルペン」を用いて、描画の経緯をデータとして蓄積・分析する仕組みを新たに構築するもので、児玉教授がこれまでに行ってきた認知症検査研究の実用化へ向けての進展が期待されています。

現在、運転免許証更新時の認知症機能検査などで採用されている時計描画試験では、結果だけが計測の材料となっていますが、電子下敷きを使うことで被験者の回答の経過も含めて記録ができ、ペンの動きもデータとして捕捉できるため、より精密な検査を行うことが可能となります。

>>診療放射線学科の詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/rt/

このページの先頭へ戻る