文字サイズ

トピックス&ニュース

【社会福祉学科】講演会「私が医療・福祉のプロフェッショナルだったら…現場のプロと一緒に考える(参加型症例検討)」を開催しました。

画像1 画像2 画像3

2019年7月15日(月)に、社会福祉学科の3年生を対象とするキャリア形成教育として、(福)新潟市社会事業協会 信楽園病院にお勤めの、熊谷麻美さんにご講演いただきました。熊谷さんは、本学科卒業生(2010年3月卒業)で、現在、医療ソーシャルワーカーとしてお仕事をされています。

今回の講演は、「医療ソーシャルワーカーとしてできること」というテーマでお話しくださり、実際の医療現場での体験をもとに、医療ソーシャルワーカーとしての相談業務や多職種連携のあり方などについて、さまざまなワークを用いて教えていただきました。

参加した学生たちは、熊谷さんの話に熱心に耳を傾け、「大学生の時から、将来を見据えて行動することの大切さが理解できた」「多職種と連携して問題解決に取り組む必要性を実感した」「この講義で得た学びを、今後の大学生活に活かしていきたい」などといった感想を述べていました。

社会福祉学科では、今回の講演以外にも、学生自身が自らの将来について考え、積極的に行動するためのさまざまなプログラムを提供しており、学生一人ひとりの希望を実現するキャリア形成を支援しています。


>>今回の講師、熊谷さんに関する紹介はこちら「OB・OGレポート」
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/ob.html

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

このページの先頭へ戻る