文字サイズ

トピックス&ニュース

【理学療法学科】第24回日本基礎理学療法学会学術大会 開催のお知らせ

2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、新潟市コンベンションセンター(朱鷺メッセ)にて、日本基礎理学療法学会主催の「第24回日本基礎理学療法学会学術大会」が開催されます。
日本基礎理学療法学会は、臨床における理学療法効果の根拠となる知見を得るための学問分野として、真に科学的な理学療法学の発展に寄与することを目的に設立されました。この目的を達成するために、1)人体構造・機能・情報学、2)身体運動学、3)神経生理学(運動制御・運動学習)、4)生体評価学、5)運動生理学の5つの研究領域が設けられています。本学術大会は、これら5つの領域に関連する最新の研究成果についての議論を深め、理学療法学の発展および学術的な基盤形成を通して人々の健康と幸福に貢献することを趣旨としています。
また、本学術大会は、本学理学療法学科 大西秀明学科長が大会長を務めます。

再生医療やブレインマシンインターフェイスをはじめとした医療技術が著しく進歩し、今後、益々発展することが期待できます。理学療法に関連した領域においても神経修飾を目指した様々な運動療法や非侵襲的脳刺激法、体性感覚刺激法に関する研究成果が報告されています。

そこで、本学術大会テーマを「理学療法によるニューロモデュレーションの可能性」としました。日本基礎理学療法学会が研究領域とする5つの領域の中でも、特に神経生理学(運動制御・運動学習)に焦点を当て議論を深めたいと考えています。

「第24回日本基礎理学療法学会学術大会」の詳細は以下のURLをご参照ください。
http://24jsptf.com/index.html

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/

このページの先頭へ戻る