文字サイズ

トピックス&ニュース

本学教員逮捕に関して(学生・保護者の皆様へ)

新潟医療福祉大学学生、並びに保護者の皆様へ

 満開の桜の下ですが、今年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、授業開始は5月7日にずれ込み、また、やむなく当面は非対面のメディア授業となります。このために、皆さまには大変ご迷惑をお掛けしております。4月27日よりメディア授業を円滑に受けていただくための環境調整を始めますので、ご準備を何卒宜しくお願い致します。

 皆様、既にお聞き及びのことと思いますが、4月15日、本学理学療法学科の教員が新潟県警に通常逮捕される事態となっております。このような事態を招きましたことに対し、大学を代表して皆様に お詫びを申し上げます。誠に申しわけございません。
 既に本人が逮捕容疑を認めているとの報道がなされておりますが、大学としての対応を決めるにあたりましては、本人の意向、弁明を聴取することが本学就業規則に定められております。このため、現在、本人代理人の弁護士の選定が進められているところです。この後に代理人が本人に接見して、意向、弁明を確認する作業に移ります。この確認作業が終わり次第、大学として厳正な対応を取らせていただきます。
 本日、大学の全教職員に対しましては、大学教職員としての自覚を再確認し、自らの生活を律し、綱紀粛正に努めるよう通達致しました。
 本日は現在の状況をお伝えさせていただきましたが、今後更なる情報がありましたら、改めてご連絡を差し上げます。
 重ねて、今回の不祥事に対しましてお詫びを申し上げますとともに、速やかに全教職員をあげて、信頼回復に努めますことをお誓い致します。

2020年4月16日
新潟医療福祉大学学長     西澤 正豊
学校法人新潟総合学園常務理事 佐久間俊也

このページのトップへ