文字サイズ

トピックス&ニュース

【救急救命学科】台湾・宜蘭県政府消防局の式典に本学学長をはじめ関係者がオンラインで出席しました

画像1 画像2

6月17日(水)、台湾・宜蘭県政府消防局の「救助シミュレーション教室と設備」贈呈式に、本学から西澤正豊学長をはじめ、鈴木力救急救命学科長、久保雅義国際交流センター長、竹井豊教授がオンラインで出席しました。
本学と宜蘭県政府消防局は、この式典に合わせて現地で交流協定を締結する予定でした。
しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大により、台湾渡航は不可能となり、先方からのオンライン出席の要請を受けての式典参加となりました。

当日は、台湾で2つ目となる大規模な救助シミュレーション教室と設備のデモンストレーションの様子や現地関係者の挨拶などが本学のモニターに映し出されました。
また、式典の中ほどで、来賓として本学の西澤学長が祝辞を述べられました。
西澤学長は招待を感謝すると同時に、直接の訪問が叶わず残念に思うと述べ、またできるだけ早く正式に交流協定を締結し、優れた救急救命士の育成という共通の目的を実現していきたいとの希望を表明されました。
祝辞の後、西澤学長は林姿妙宜蘭県長ら現地関係者と意見交換を行い、式典はいっそう有意義なものとなりました。

本学では、海外との往来が不可能なコロナ禍にあっても、このようにオンライン等を使用して国際交流を推進しております。
今回のオンラインによる国際交流にご尽力いただいた関係者の皆様に深く感謝いたします。

>>救急救命学科の詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/em/



このページのトップへ