新潟医療福祉大学

大学トピックス

【理学療法学科】渡部貴也さんの研究論文が国際誌に掲載されました!

画像1

渡部貴也さん(理学療法学科15期生、大学院修士課程2年、バイオメカニクスLab、運動機能医科学研究所)の研究論文が、国際誌『Journal of Electromyography and Kinesiology』に掲載されました。

今回、慢性足関節不安定症(CAI)の人と、coperと呼ばれる捻挫の経験はあるものの再発などを起こしたことがない人の運動の違いを明らかにしました。


【研究概要】
足関節内反捻挫は発生頻度・再発率が高いスポーツ外傷であり、約20%がその後遺症である慢性足関節不安定症(CAI)を生じると報告されています。
CAIは足関節捻挫を繰り返すことにより、変形性足関節症の発症リスクが高まることが報告されているため、CAIの予防・治療法の確立が重要となります。
そのため、足関節捻挫の再発メカニズムを明らかにすることは重要であり、初回内反捻挫後に再発や慢性後遺症を生じないcoper群が近年注目されています。
そこで本研究では足関節捻挫の受傷機転である非予測的な着地からのカッティング動作に着目し、CAI群・coper群・健常群の運動制御戦略と下肢の筋活動を比較・検討しました。
その結果、coper群は股関節戦略が異なることや長腓骨筋反応時間が短いことが明らかとなりました。

>>詳しい研究内容はこちら
https://www.nuhw-pt.jp/2021/02/-caicoper-20210205.html

【渡部さんからのコメント】
本研究結果からcoper群は非予測的な着地からのカッティング動作において、股関節戦略が異なることや長腓骨筋反応時間が短いことが明らかになりました。今後は、足関節だけではなく近位関節の運動機能や筋機能を評価し、下肢全体に対するリハビリテーション介入を行うことが、足関節捻挫の再受傷を予防するために重要である可能性が考えられます。

【原著論文情報】
Takaya Watabe, Tomoya Takabayashi, Yuta Tokunaga, Takuma Yoshida and Masayoshi Kubo. Copers adopt an altered movement pattern compared to individuals with chronic ankle instability and control groups in unexpected single-leg landing and cutting task. Journal of Electromyography and Kinesiology. 2021.2 [accepted].


>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>理学療法学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-pt.jp/

>>SHAINプロジェクトの詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/shain/

×画面を閉じる