文字サイズ

トピックス&ニュース

【医療情報管理学科】鈴木健司教授と高野晃輔助教が国際カンファレンスで発表を行いました

画像1 画像2 画像3

2021年4月23日(金)、鈴木健司教授と高野晃輔助教が、ロシア極東医科大学が主催する「COVID-19の予防と治療に関する国際カンファレンス」に参加し、発表を行いました。
この国際カンファレンスは、毎年開催され、4回目となる今年度は「COVID-19の予防と医療」にテーマを絞り、ロシアと日本、中国、韓国の大学の専門家により協議が行われました。

以下、発表要旨を紹介します。

[鈴木健司教授]
■発表タイトル:
インターネット・ウェブ調査でCOVID-19が日本の正規雇用や非正規雇用の労働者のメンタルヘルスに悪影響を及ぼしたことが明らかになった
■概要:
COVID-19は、人々の身体的・精神的な健康面に重大な影響をもたらしたばかりか、景気低迷による失業の増加などにより、メンタルヘルスに対しさらに深刻・重大な問題を引き起こしている。
日本においては弱い立場にある非正規雇用労働者のメンタルヘルスにCOVID-19が如何なる影響を及ぼしたかを明らかにすることを目的として、インターネット・ウェブ調査を用いた本研究を実施した。
その結果、正規雇用に比較して、非正規雇用の人々においてはメンタルヘルスの悪化やストレス対処能力、健康関連QOLの低下に大きな影響が及んでいることがわかった。
また、COVID-19は全労働者の約半数に抑うつ的な精神ストレスを引き起こすとともに、すべての労働者のメンタルヘルスに悪影響を生じさせたことが明らかとなった。
今後、特に日本において弱い立場にある非正規雇用労働者について注意深い追跡調査が必要と考えられる。
■共同研究者:
鈴木健司, Ruan Qi, Huyen Tran Thi Thanh, Yen Luong Thi Hai, 斎藤翔太, 石上和男, 瀧口徹

[高野晃輔助教]
■発表タイトル:
新潟県におけるCOVID-19感染者の状況と新潟医療福祉大学の対応について
■概要:
現在我が国はCOVID-19感染症の第4波を迎えている。
新潟県においても急速に感染者数が増大している。直近4週の増加要因の最大のものは、県内各地で発生しているクラスターである。
県内13保健所管内別人口10万人対感染者数を見ると、クラスターが発生した地域では大幅な増加がみられ、新潟医療福祉大学でも、クラスター発生を防止をするべく教職員一丸となって対応してきた。
■発表資料:
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/210507.pdf (3.85MB)


>>医療情報管理学科公式ブログはこちら
https://nuhw-hi.info/blog/

>>医療情報管理学科の詳細はこちら
https://www.nuhw.ac.jp/faculty/informatics/hi/

このページのトップへ