文字サイズ

トピックス&ニュース

【医療情報管理学科】IBM主催の世界的なプログラミング・コンテストにて本学の学生2名が表彰されました!

画像1

IBMが主催する世界的なプログラミング・コンテスト「Master the Mainframe 2020」にて、佐藤汰星さん(医療情報管理学科/2020年度卒)と渡部隆哉さん(医療情報管理学科/4年)の2名が表彰されました。

このコンテストは、全世界の学生を対象に年1回開催されるオンラインでのプログラミング・コンテストです。
メインフレーム(Mainframe)とは、クレジットカードの決済や銀行のATM、発電所などのインフラで実際に使用されている大型コンピューターのことです。

コンテストは3つのパートに分かれており、Part3修了者が優秀賞として表彰されました。
2020年度のPart3修了者は17名で、大学院生も多く、医療系大学からの受賞者は本学のみでした。
そして、本学の学生は2年連続での受賞となりました。

医療情報管理学科では、一人ひとりの学生の個性に応じて、医療・IT・経営の各分野を組み合わせて学ぶことができるのはもちろん、自分の「強み」を高めるために、一つの分野を深く学ぶこともできます。

受賞者の一人である渡辺さんのインタビューが医療情報管理学科のブログで掲載されています。ぜひご覧ください。

>>詳細はこちら
https://nuhw-hi.info/blog/archives/2021/?p=2055


>>コンテストの詳細はこちら
Master the Mainframe IBM社サイト(英語)
https://masterthemainframe.com/

このページのトップへ