文字サイズ

トピックス&ニュース

【陸上競技部】日本学生個人選手権にて堀井遥樹選手が走り高跳びで優勝、中町真澄選手が円盤投げで3位入賞!

画像1

6月4日(金)~6日(日)にレモンガススタジアム平塚にて、日本学生個人選手権が開催されました。
本学からは27名が標準記録を突破し、参加しました。日本学生個人選手権は日本インカレの前哨戦となる大会です。

男子走り高跳びで、堀井遥樹選手(健康スポーツ学科4年/写真左)が2m16で優勝し、学生チャンピオンとなりました!!
また、男子円盤投げで中町真澄選手(健康スポーツ学科2年/写真右)が3位に入賞、男子三段跳びで泉井陸選手(健康スポーツ学科2年)が6位に入賞するなど、合計で6名の選手が入賞を果たしました。

今後とも、陸上競技部へご声援のほどよろしくお願い致します。

<入賞者一覧>

【男子】

・堀井遥樹(健康スポーツ学科4年/鯖江高校出身)
走り高跳び 2m16 優勝

・中町真澄(健康スポーツ学科2年/能登高校出身)
円盤投げ 52m57 3位

・泉井陸(健康スポーツ学科2年/新潟工業高校出身)
三段跳び 15m32 6位

・大浦拓徳(健康スポーツ学科4年/仙台育英学園高校出身)
砲丸投げ 16m19 8位

【女子】

・エパサカテレサ(健康スポーツ学科3年/姫路商業高校出身)
ハンマー投げ 51m28 8位

・蓑輪夢未(健康スポーツ学科2年/北陸高校出身)
走り高跳び 1m65 8位

このページのトップへ