SHAIN 文部科学省 平成29年度 「私立大学研究ブランディング事業」選定事業

はじめに

新潟医療福祉大学は、文部科学省の平成29年度私立大学研究ブランディング事業の支援対象校(タイプA:社会展開型)に選定されました。


事業名称 リハビリテーション科学とスポーツ科学の融合による先端的研究拠点
- Sports & Health for all in Niigata -
選定タイプ タイプA:社会展開型
事業期間 5年間(2017年 - 2021年)

本事業は、全国でも数少ない保健・医療・福祉・スポーツの20種類以上の専門職を養成する総合大学の強みを最大限に活かし、各学科はもとより、“運動機能医科学研究所”やトップアスリートを育成する“強化指定クラブ”、アスリートサポート研究を推進する“アスリートサポート研究センター”など、本学が有する教育・研究資源を有機的に結び付け、基礎的研究から実践、地域貢献、人材育成にいたるさまざまな活動を通じて、“Sports & Health for All in Niigata=地域住民からアスリートまで全ての人が安全にスポーツを楽しみ、幸せな生涯を過ごす新潟県”の創出を目指すものです。

また、これら研究成果は学生教育に還元することで、建学の精神である「優れたQOLサポーターの育成」に寄与していきます。

新潟医療福祉大学の今後の取り組みに是非ご期待ください。


文部科学省「私立大学ブランディング事業」の詳細はこちら


「私立大学研究ブランディング事業」とは・・・

学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学等に対し、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援する研究助成事業。平成29年度は全国188の私立大学・私立短期大学から申請があり、「タイプA(社会展開型)」に33校が、「タイプB(世界展開型)」に27校が選定されました。

事業概要

リハビリテーション科学とスポーツ科学の融合による先端的研究拠点を形成し、基礎的研究および実践的研究を基盤とした“Sports & Health for All in Niigata=地域住民からアスリートまで全ての人が安全にスポーツを楽しみ、幸せな生涯を過ごす新潟県”を創出します。これにより、本学ブランドを広く全国に浸透させるとともに、「保健・医療・福祉・スポーツ領域を核としたアジアに秀でる研究拠点」の基盤を構築します。


<事業イメージ>

※クリックで拡大表示します。

事業内容

■目的

超高齢社会の進展や社会保障費の増大など国家的な課題を抱える日本において、近年、“健康寿命の延伸”を目的とした、健康づくり運動の推進が強く求められています。
そこで本事業では、保健・医療・福祉・スポーツの総合大学であるメリットや強化指定クラブをはじめとしたアスリートおよびアスリートサポート人材を育成する本学独自の教育・研究環境を最大限に活用することで、「リハビリテーション科学とスポーツ科学の融合による先端的研究拠点」を形成することを目指します。
これにより、新潟県民のスポーツ活動及び健康増進活動を推進し、基礎的研究および実践的研究を基盤とした“Sports & Health for All in Niigata=地域住民からアスリートまで全ての人が安全にスポーツを楽しみ、幸せな生涯を過ごす新潟県”を実現することを目的とします。また、その成果を戦略的に公表・広報し、新潟医療福祉大学のブランドを構築します。

■事業内容

「基礎的研究」、「実践的研究・人材育成」、「健康増進研究・地域貢献活動」に関連する、以下の9つの研究チームを組織し、研究および実践・地域貢献活動を推進していきます。

基礎的研究

代謝性疾患(糖尿病等)や運動器疾患(サルコペニアや骨粗鬆症等)の予防またはリハビリテーションに至適な物理療法や運動刺激条件を究明し、より有効な刺激条件(強度・頻度)を提案します。また、高強度運動による筋損傷・筋痛メカニズムを解明し、筋損傷及び筋痛予防法を提案します。

磁気共鳴画像や脳磁図、脳波、近赤外線分光イメージング法、経頭蓋磁気刺激、経頭蓋電気刺激等を駆使して、運動学習に関与する要因(脳刺激方法、遺伝子、脳内神経伝達物質濃度、外部環境)を網羅的に解析し、リハビリテーションやスポーツ活動現場において応用可能な運動学習強化法の検討を行います。さらに、個別の要因による解析に加え、組み合わせによる効果も検討し、ハイブリッド型かつテイラーメイド型の運動学習強化法を考案します。

近赤外線分光法や呼気ガス分析器等を駆使して、運動による中枢循環応答の観点から、身体活動を伴うリハビリテーションやスポーツ活動におけるリスク管理指標を作成します。

トップアスリートやトップコーチの持つ卓越した感覚・運動機能を解明し、自然科学の視点で「できる」の評価指標を作成します。

三次元動作解析装置や床反力計、筋電計、筋力計、超音波等を駆使して、アスリートの競技動作を流体力学・工学的に解析し、ハイパフォーマンスで且つ傷害発生リスクの少ない競技動作を明らかにし、新たなトレーニング方法や最適なフィードバックシステムを提案します。

実践的研究と人材育成

上肢筋・下肢筋の解剖学的構造の特徴とスポーツ傷害発生との関連性を解析し、傷害発生のリスクファクターのスクリーニングテストや予防プログラム、スポーツ傷害からの復帰を促すための新たな治療法(運動療法)を開発します。

アスリートのパフォーマンスを向上させるためのコンディショニング法や、スポーツ栄養、スポーツ看護、スポーツ心理、コーチングに関する研究を推進し、他の研究チームの研究成果も加味して、「トップアスリート育成・強化プログラム」の開発を目指します。

アスリートサポート研究センター内に学生トレーナー組織を構築し、常に学生が教員に帯同して、アスリートをサポートし、アスリートサポートの専門家を育成します。

本学の連携教育で培った連携教育モジュール教材を深化させるとともに、シミュレーション教育システムを活用してスポーツ傷害モデル(例、熱中症による意識障害、脳震盪や頭部外傷、急性脊髄損傷(腰部・頸部)、アキレス腱断裂や肉離れ。前十字靭帯損傷等)を作成し、「アスリートサポート人材育成プログラム」を開発します。

シミュレーション教育システムと近赤外線分光イメージング法を併用し、他の研究チームと連携しながらトップアスリートやトップコーチの持つ卓越した感覚・運動機能を解明し、「アスリート・コーチ育成プログラムの開発」を目指します。

アスリートサポート研究チーム等との連携を進めることにより競技力の向上を図り、強化指定する全てのクラブで「大学日本一」、またはオリンピック等の国際大会で活躍する「日本代表選手」の育成を目指します。

前述の研究内容や後述の地域貢献活動、シミュレーション教育プログラムを活用して、在学生が系統立てて学習できるカリキュラムを作成します。

健康増進研究と地域貢献活動

学内・外での地域貢献事業(生活習慣病・転倒・認知症予防運動教室、幼児・学童スポーツ教室(水泳、陸上、野球など)、障がい者スポーツ推進活動、言語発達支援教室、がんサバイバー支援活動等)の取り組みを拡充するとともに、事業実施による効果を地域住民のQOL・人材育成(学生)の観点から評価します。また、その成果を学生教育だけでなく、外部機関とコンソーシアムを構築し(新潟QOLコンソーシアム)、リハビリテーションやスポーツ活動現場で活躍する全ての人材育成に活かすことで、大学を「地域の誰もが気軽に、安心して、頼れる空間」として機能させます。

障がい者スポーツ用の義肢・装具・車いす等の研究開発を行うとともに、障がい者スポーツの普及活動を実施します。

事業計画

本事業の推進にあたり、学長をリーダーとする全学的なPDCA体制を構築しています。また、研究活動ならびにブランディング活動それぞれについて年次目標・計画を定め、その進捗については自己点検・評価および外部評価を受けながら、適宜修正・改善を図っていきます。

平成29年度私立大学研究ブランディング事業計画書(PDF)

学校法人 新潟総合学園 新潟医療福祉大学
〒950-3198 新潟市北区島見町1398番地
[研究支援課] TEL:025-257-4455/FAX:025-257-4456

トップに戻る