合格体験談 合格体験談

合格体験談トップ > 救急救命学科 2年 山﨑 詩織

救急救命学科 2年

山﨑 詩織

出身高校:上田染谷丘高校(長野県)
選抜区分:総合型選抜

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※総合型選抜=旧AO入試、旧推薦入試

目指している職業ときっかけを教えてください。

私の父は救急救命士です。そのため、幼い頃から救急救命士として働く父の姿を見ていました。次第にどのような職業であるのか興味を持ち、父から話を聞くようになりました。救急救命士という職業を知れば知るほど「私も救急救命士として多くの人の力になりたい!」と思うようになり、目指す決意をしました。

総合型選抜への出願を決めたのはいつごろですか?またその理由は何ですか?

出願を決めたのは高校3年生の7月です。大学のパンフレットを見るほか、実際にオープンキャンパスに参加したことで「新潟医療福祉大学で学びたい」という気持ちが高まり、受験の際に自分の意欲や強みをアピールしたいと考えたのでAO入試を受けました。

志願理由書と自己アピール書はどんなことを意識して書きましたか?

AO入試では、アドミッション・ポリシーに基づいた評価が行われます。そのため志願理由書、自己アピール書、両方とも自分の伝えたいことと大学の掲げるアドミッション・ポリシーに矛盾がないかを照らし合わせながら書くことを意識しました。

基礎教養試験(国語、英語、数学、資料解釈)はどんな勉強をしていましたか?

大学のオープンキャンパスで配布していた過去3年分の入試問題を中心に勉強しました。分からない問題は、先生に聞きしっかり理解することを心がけました。また、試験時間が60分間と限られていることから、各問題にかける時間を決めながら問題を解くように意識していました。

役に立った勉強法・受験対策・面接対策は何ですか?

自分が一番集中できる場所で勉強をするようにしました。私の場合は平日も休日も学校の自習室を利用していました。分からない問題があれば、その場で先生に質問することができるのでおすすめです。面接対策では、数をこなして少しでも面接に慣れるようにしました。また、質問されたことに対して自分の体験を含めた回答をするなど具体的に答えることを意識しました。

試験前日は何をしましたか?

試験前日はホテルに宿泊したので、ホテルから試験会場までの道のりと時間の確認をしました。そのほかに見直し程度の勉強と試験当日の持ち物の準備をしました。持ち物の確認は忘れ物のないように何度も行いました。

試験当日は会場までどうやって行きましたか?試験開始何分前に会場に着きましたか?

当日はバスと電車を利用しました。電車が遅延することも考え時間に余裕をもって行動したので、約1時間前に会場に到着しました。早めに試験会場に着くことができたので、会場の雰囲気に慣れることができリラックスして試験に臨むことができました。

面接試験で実際に出題された質問・話題はどんなことでしたか?

一次試験のグループ面接では、「志望動機」「新潟医療福祉大学を選んだ理由」「救急救命士に必要だと考える資質」「将来どのような救急救命士になりたいか」などの質問や「親切とありがた迷惑の違い」「手紙とメールの違い」など少しイレギュラーな質問もありました。二次試験の個人面接では、「事前に提示された面接課題」「自立とは何か」「高校と大学の違い」などの質問がありました。

やっておくべきこと・やっておけばよかったと思う事は何ですか?

やっておくべきことは、自分に自信がつくまで試験勉強や面接対策をすることだと思います。自分に自信を持つことができれば、周りの雰囲気に飲まれずに試験を受けることができるはずです。やっておけばよかったと思うことは、体調管理を徹底することです。私はAO入試の前に体調を崩してしまったので、試験対策だけではなく体調管理にも気を配るべきだったと思いました。

受験勉強中によく聴いていた音楽がありましたら教えて下さい。

ONE OK ROCKやSUPER BEAVERなどのアーティストの曲をよく聞いていました。自分の背中を押してくれる曲が多く、受験期間の心の支えのひとつになっていました。音楽は勉強中ではなく勉強の合間や登下校中に聞くようにしていました。

大学生活はどうですか?受験勉強を頑張った甲斐はありましたか?

自分の興味のある分野について学べているので有意義な時間を過ごすことができています。また、時間があるときは友人と遊びに出かけたりと勉強以外の面でも充実しています。あの時受験勉強を頑張って本当に良かったと思います。

将来の夢は何ですか?

もちろん救急救命士になることです。救急救命士は人の命に関わる職業のひとつです。そのため、医療についての豊富な知識や技術、判断力が必要になると思います。自分の力量が人の命を左右するという自覚をもち、日々の勉学に励みたいです。

受験生へ応援メッセージをお願いします。

受験期間は辛いことが多いと思いますが、その先にはきっと楽しい大学生活が待っています。努力した分は結果につながると信じて後悔のない受験生活を過ごしてください。将来の自分のために最後まで頑張ってください。応援しています!

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※総合型選抜=旧AO入試、旧推薦入試

このページのトップへ