合格体験談 合格体験談

合格体験談トップ > 医療情報管理学科 2年 但野 翔太

医療情報管理学科 2年

但野 翔太

出身高校:松韻学園福島高校(福島県)
選抜区分:総合型選抜

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※総合型選抜=旧AO入試、旧推薦入試

目指している職業ときっかけを教えてください。

医療情報という職業を選んだきっかけは、幼いころからパソコンに興味がありIT系の職業を目指していました。高校の部活で怪我をしてしまいリハビリをしていたのですが、そこで医療という職業にも興味が湧いてきてIT系と医療系の両方が学べるところを探し、新潟医療福祉大学で学びたいと思いました。

総合型選抜への出願を決めたのはいつごろですか?またその理由は何ですか?

出願は高校3年生の5月、6月くらいに出願を決めました。出願を決めた理由は私が初めて新潟医療福祉大学のオープンキャンパスに参加したときに初めて医療情報というものを知りプログラムを体験していくうちに興味を持ち医療情報をもっと学びたいと思い出願を決めました。

志願理由書と自己アピール書はどんなことを意識して書きましたか?

1番意識して書いたことは、自分が将来何になりたいか、また医療情報管理学科で将来に向けてどのようなことを学びたいのかを志願理由書に書き、自己アピール書には自分の長所が学科や将来の仕事でどのように活かすことができるのかを意識して書きました。

基礎教養試験(国語、英語、数学、資料解釈)はどんな勉強をしていましたか?

基礎教養試験はオープンキャンパスに参加したときにもらったAO入試の過去問を中心に問題を解きました。また数学に関しては高校1年生、2年生の教科書で過去問で出題の多かった問題を中心に復習をしました。資料解釈の問題も同様にオープンキャンパスの時にもらった過去問を中心に勉強しました。

試験前日は何をしましたか?

一次試験の時は、主に数学を中心に過去問を解き国語・英語もしっかりと復習し翌日の試験に備えて早めに就寝しました。また、二次試験の時も面接で出題されるであろう項目をしっかりと答えられるよう声に出し何度も反復したうえで頭にインプットさせるようにしていました。

試験当日は会場までどうやって行きましたか?試験開始何分前に会場に着きましたか?

試験当日は一次・二次両日とも父が会場まで送迎をしてくれ、約30分前には会場に到着していました。会場に入って、試験をする場所を確認し試験場所に向かう私に父は「頑張って来いと」背中を押して試験場所へと向かわせてくれました。

面接試験で実際に出題された質問・話題はどんなことでしたか?

志望動機・長所・短所など面接で必ず聞かれること以外にも、自分が大学に入ってからどのような行動をとりたいかなど大学に関すること、今現代では当たり前になっているスマホに関する長所・短所などさまざまな観点から出題されました。

やっておくべきこと・やっておけばよかったと思う事は何ですか?

基礎教養試験に関しては、基本的に高校で学んだことを出題してくるので、苦手になっているところを解決させておくといいと思います。特に数学に関しては、苦手な人も多いと思うのでなるべく早くに解決させておくと本番でも解くことができます。面接は簡単でいいので自分が将来何になりたいかを想像しておくといいと思います。

大学生活はどうですか?受験勉強をがんばった甲斐はありましたか?

大学生活は、今までの学校生活の中で最も楽しいです。もちろん小中高も楽しかったのですが、大学生活は初めて自分の県から離れて全く新しい生活になっているため全てにおいて楽しいと実感しています。これほどまで楽しいと感じるのは受験勉強を頑張った甲斐があったからこそ感じられるものだと思います。

将来の夢は何ですか?

将来の夢は診療情報管理者やドクターズクラークの職業について医師のサポートをしたいと思っています。

受験生へ応援メッセージをお願いします。

受験生の皆さんに向けて、自分が希望する学科に入りたいという意思を強く持つことだと思います。私自身も医療情報管理学科に入りたいという気持ちで受験勉強に励んでいました。もちろん意思を持つだけでは実現はできませんが意思を持つことで受験勉強にも身が入り合格への道が近づいてきます。合格を目指して頑張ってください。応援しています。

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※総合型選抜=旧AO入試、旧推薦入試

このページのトップへ