合格体験談 合格体験談

合格体験談トップ > 視機能科学科 2年 渡辺 幹人

視機能科学科 2年

渡辺 幹人

出身高校:村上高校(新潟県)
選抜区分:総合型選抜

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※総合型選抜=旧AO入試、旧推薦入試

志望理由書はどのような事を意識して書きましたか?

新潟医療福祉大学だからこそ入りたい理由と、入学することができたら何をしたいかを具体的に書きました。また、高校で自分が学んだことをどこで、どう活かして大学生活を送りたいかを書きました。自分をアピールすることが大切だと思います。

基礎学力試験(国語、英語、数学、生物のいずれか2科目)はどんな勉強をしていましたか?

私は、英語と数学の試験を受けました。英語は、単語を書いて読んで覚え、長文問題をたくさん解いて英語を読んで分かるように勉強をしました。数学は、高校1年生から3年生までの基礎の部分をもう1度復習して分からない所がないように先生などに聞いて勉強をしました。また、それぞれ過去問があったのでそれをやりました。

役に立った勉強法・受験対策・面接対策は何ですか?

学校などで買ったワークの基礎的な部分を高校1年生から3年生までの範囲を中心にやることです。あとは、過去問を何年分か用意してすべて理解するまで解きました。面接対策では事前に聞かれる内容を予想してノートなどに書きまとめ、学校の先生と面接形式で練習をしました。

試験前日は何をしましたか?

面接で聞かれることを事前に予想して、答えるときに本当に伝えたいことのポイントを書いた面接ノートをよく読み返しました。また、基礎教養試験の過去問などにも目を通しました。あとは次の日に備えて早く寝ました。

試験当日は会場までどうやって行きましたか?試験開始何分前に会場に着きましたか?

試験当日は、公共交通機関の電車と大学から出ているバスを利用して行きました。何があっても良いように時間に余裕をもって1時間前には試験会場にいました。

面接試験で実際に出題された質問・話題はどんなことでしたか?

志望理由と、もし新潟医療福祉大学に入学することができたらどのようなことをどんな風にしたいかを聞かれました。また視機能の眼に関することを質問され、自分の意見を聞かれました。

やっておくべきこと・やっておけばよかったと思う事は何ですか?

私がやっておくべきだと思うことは、数学です。高校の数学の授業で習った内容を応用した部分が多く出てくることがあるので勉強しておくべきだと思います。数学に限らず、高校で習った基礎的な部分はしっかりと復習し勉強してから大学にいくべきです。

受験勉強中によく聴いていた音楽がありましたら教えて下さい。

ノリノリになるような曲ではなく、ゆったりとした曲を聴いていました。

大学生活はどうですか?受験勉強を頑張った甲斐はありましたか?

大学生活は比較的時間に余裕があり、色々なことをすることができています。アルバイトなどの社会勉強、新潟医療福祉大学は学科がたくさんあるのでサークル活動を通して多くの友達を作ることができます。このように、空き時間などを使い好きなことや、やりたいことなどをして日々の生活を楽しく過ごすことができています。なので、大変だった受験勉強も頑張った甲斐があったと感じることができています。

将来の夢は何ですか?

将来の夢は、自分のこの怪我したことを活かして医療の現場に携わりたいと思っています。

受験生へ応援メッセージをお願いします。

受験勉強の他に自分の体調管理をしっかりして食事・睡眠、たまに自分の好きなことをしてリフレッシュすることも大切です。受験生はとても大変だと思いますが、それを乗り越えた先にはとても楽しい大学生活が待っています。後悔しないように、将来のことをしっかり考えて受験勉強を頑張ってください。

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※総合型選抜=旧AO入試、旧推薦入試

このページのトップへ