合格体験談 合格体験談

合格体験談トップ > 作業療法学科 2年 兼田 和佳奈

作業療法学科 2年

兼田 和佳奈

出身高校:村上桜ヶ丘高校(新潟県)
選抜区分:学校推薦型選抜

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※学校推薦型選抜=旧推薦入試

目指している職業ときっかけを教えてください。

介護福祉士の母の影響で中学生の頃から施設にボランティアに行くことが多く、福祉関係の仕事をしたいと考えていました。
元々、社会福祉士を目指していましたが、新潟医療福祉大学のオープンキャンパスに参加し、作業療法学科を知りました。
そこで作業療法士に興味を持ち、母の職場にいる作業療法士の方の活躍を見た時に私もなりたいと考えるようになりました。

志望理由書はどのような事を意識して書きましたか?

自分が将来どのような作業療法士になりたいのかということを意識しながら書きました。作業療法士を目指したきっかけはもちろんですが、自分が目指す作業療法士になるために、新潟医療福祉大学の施設の充実さやこの大学でしか学べない「チーム医療」がどのように役立つのか、自分の興味がある授業について、卒業後はどのような作業療法士になり社会に貢献していきたいのかを中心に、自分の考えを具体的に書きました。

小論文試験に向けてどんな勉強をしていましたか?

ひたすら新潟医療福祉大学の過去問を解いていました。先輩方が残してくださった過去問やオープンキャンパスで配布されるものを集め、国語の先生に書いては提出をし、また書き直すということを繰り返していました。新潟医療福祉大学の小論文はこれからの福祉に関する話題が問題になることが多いので、分からない制度や単語などは調べ、常に自分の考えを相手に分かりやすく伝え、納得させるような文章を書けるように練習をしていました。

役に立った勉強法・受験対策・面接対策は何ですか?

面接対策はオープンキャンパスに行き、先輩からどのような質問をされたのかを聞いたり、面接時の注意点などを教えてもらいました。また、先生に受験生のどのようなところを見ているのかを直接聞くのも有効でした。高校では色々な先生に面接練習をお願いしました。ふだん関わらない先生にお願いをすると本番と同じような緊張感を持ちながら練習ができました。

試験前日は何をしましたか?

前日は小論文をひとつ解きました。また最後の面接練習を行い先生方に激励をしてもらいました。面接で必ず聞かれる志望理由とこの学科、大学を選んだ理由などを練習しながら本番を想像していました。前日では新しい練習や勉強などはできませんから今までしてきたことを振り返りひたすら自信を持つようにしていました。あと、早く寝ることが大切です!

試験当日は会場までどうやって行きましたか?試験開始何分前に会場に着きましたか?

会場までは電車と豊栄駅から大学までの無料送迎バスを利用しました。試験開始時間の1時間前には到着しました。教室では小論文の書き方の要点を復習し、特別推薦の基礎学力試験の練習問題を解いていました。

面接試験で実際に出題された質問・話題はどんなことでしたか?

面接では志望動機のほかに、なぜ理学療法ではなく作業療法を選んだのかということも聞かれました。理学療法と作業療法の違いを述べられるようにしておいたほうが良いと思います。自分の長所や大学に入ってやりたいことなども質問されました。また、作業療法士が実際に働いている場面を見たことがあるかという質問もされました。私は病院と介護施設で作業療法士の仕事を見学しましたが、病院と介護施設の治療法ではどのような違いがあったのかということも聞かれました。

高校時代にやっておくべきこと・やっておけばよかったと思う事は何ですか?

やっておくべきことは小論文の練習、いろんな先生に面接練習をしてもらう、オープンキャンパスで情報収集する、併願受験をする人は基礎学力試験の勉強、病院へ見学に行き職業に対する理解を深める、などです。私がやっておけばよかったと後悔していることは、基礎学力試験の勉強です。もっと勉強していれば特別推薦も合格していたかもしれないと今でも後悔しています。大学に入ってからも生物などは必須になってくるので高校生のうちから勉強しておくと後々楽になると思います。

受験勉強中によく聴いていた音楽がありましたら教えて下さい。

受験期間中はBISHやヨルシカを良く聴いていました。当時はこの2つのアーティストにドハマりしていたので登下校中に曲を聞いては受験頑張ろうという気持ちになっていました。つらい時も元気づけられたアーティストです。今でも特にヨルシカを聞くとセンチメンタルな気持ちになります。笑

大学生活はどうですか?受験勉強を頑張った甲斐はありましたか?

大学生活は勉強が忙しいですが本当に自分の興味のあること、やりたいことなので今がとっても楽しいです。友達と遊んだり、学食でご飯を食べるのも、学校生活が楽しいのも受験を頑張ったからだと思います。あの時あきらめなくてよかったと心から思っています。

将来の夢は何ですか?

将来の夢は地域に貢献出来る作業療法士になる事です。日本は高齢化が進んでいますが、地域で1人で暮らしている高齢者が多くいます。そんな高齢者がこれまでと変わらず住み慣れた地域で自立した生活を送れるように、作業療法の観点から地域の高齢者の健康寿命を延ばし、支えることができる作業療法士になるのが私の夢です。

受験生へ応援メッセージをお願いします。

私はAO入試も受験していましたが2次で不合格でした。しかし、推薦入試でリベンジし合格しました。受験期間中は苦しいこともあるだろうし逃げたくなることもあると思います。しかし大学に入ってからは楽しいことがたくさん待っています。春から大学で勉強する自分を想像しながら気負わず、何とかなる精神で頑張ってください!皆さんと同じ大学で学べることを楽しみにしています!

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※学校推薦型選抜=旧公募推薦入試

このページのトップへ