合格体験談 合格体験談

合格体験談トップ > 診療放射線学科 2年 藤沢 ひかり

診療放射線学科 2年

藤沢 ひかり

出身高校:常葉大学附属常葉高校(静岡県)
選抜区分:学校推薦型選抜

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※学校推薦型選抜=旧推薦入試

目指している職業ときっかけを教えてください。

高校生のときに乳がんの患者様が増加していること、それと同時にがん患者を助けるためには「早期発見・早期治療」が必要であることを知りました。私も力になれる存在になりたいと思い診療放射線技師を目指しました。

志望理由書はどのような事を意識して書きましたか?

志願理由書は一貫性をもって書くように意識しました。どういうきっかけでこの大学やこの学科を目指したいと思ったか、新潟医療福祉大学で何をしたいのか、これまでに自分がどのようなことをしてきたか、また大学卒業後にどういうことを目指すのか、を意識して書きました。

小論文試験に向けてどんな勉強をしていましたか?

まず、過去問はたくさんやり、書き方のコツを掴むようにしました。書き方を習得できたら、考えたことを文章にできるようにしました。そして、課題となるテーマを知らなければならないと思ったので医療に関する話題を調べました。

役に立った勉強法・受験対策・面接対策はなんですか?

面接に関しては面接ノートを1冊作り、それを使って面接対策をしました。言葉遣いや面接においてのマナーを確認するようにしました。受験対策では苦手なところを少しずつ埋めていくように勉強しました。

試験前日は何をしましたか?

日頃から、分からない問題や間違えた問題をまとめたノートを作り、前日はそれを見返して復習しました。また、これまで勉強してきた参考書も使い復習しました。

試験当日は会場までどうやって行きましたか?試験開始何分前に会場に着きましたか?

地元が静岡県なので、前泊して当日は電車とスクールバスを使い会場まで向かいました。試験開始10分前に着きました。

面接試験で実際に出題された質問・話題はどんなことでしたか?

あなたはどういう診療放射線技師になりたいか、目指す職業になるために、あなたは大学でどういう事を学びたいですか、また、目指したい職業になるためにあなたは今まで何をしてきましたか、などを聞かれました。

高校時代にやっておくべきこと・やっておけばよかったと思う事は何ですか?

得意な科目を作ることや、苦手科目を克服できるかどうかが、受験のカギになると思います。克服すれば、受験において強みになると思います。

大学生活はどうですか?受験勉強を頑張った甲斐はありましたか?

高校までは好き嫌いを問わず勉強しなければなりませんでしたが、大学では自分の勉強したい専門分野を追求することができます。当然、必須科目もあるので自分の苦手教科や分野を勉強しなければいけないこともありますが、自分の興味のあることを勉強できる楽しさは、大学でより一層感じることができます。

将来の夢は何ですか?

私は患者さんの気持ちを理解し、自ら学ぶ意欲持って、大学での教えを基盤にして正しい知識や技術を身につけながら患者さんと関わり、検査に対する不安を軽減させられる診療放射線技師になりたいです。

受験生へ応援メッセージをお願いします。

大学受験はモチベーション維持が大切です。モチベーションを保ってこれからの壁を乗り越えてほしいです。今の頑張りが、将来の夢や目標を叶えることに繋がります。最後の最後まで頑張りましょう。

※学生の在籍学年は2020年度在籍時のものです。

※学校推薦型選抜=旧公募推薦入試

このページのトップへ