研究の向こうに未来が見える。

02

作業療法学科

研究の向こうに未来が見える。

助教

外川 佑(ソトカワ タスク)

最終学歴 山形県立保健医療大学大学院
学位 修士(保健医療学)
保有資格 作業療法士
趣味 子どもと遊ぶこと、映画鑑賞、ラーメン屋めぐり
愛読書 東洋経済オンライン、Smart News
座右の銘 Imagine The Future

高齢者・障害者の
自動車運転リハビリに
関する研究

研究をはじめたきっかけ

病院に勤めていた頃に対象者の退院後の移動手段を考える機会がありました。新潟県のような地方都市では、自動車は本当に重要な移動手段となっており、自動車の運転再開には対象者の身体・精神の状況と交通安全を考えながら関わる必要がありました。しかし、障害のある方の運転再開のための検査や訓練、支援技術については確立されたものがほとんどなく、もどかしさを感じていました。このような現状を少しでも変えていきたいと考え、現在行っている自動車運転リハビリに関する研究を始めました。

研究内容

車の運転は新潟などの地方都市では重要な移動手段で、毎日の生活に欠かせないものです。我々作業療法士は、対象者の生活の自立に向けて関わっていくことが多い職業で、対象とする脳卒中や頭部外傷などの脳の病気を抱える患者さんの中には、身体の麻痺に加え、注意力・判断力が鈍くなったりする可能性があります。このような対象者が安全に運転できるかを確認するためには、どのような検査が望ましいか、さらに、安全に運転するためにはどんな訓練や支援が望ましいか、について研究しています。

研究成果による貢献

私の実施したいくつかの研究は、自動車メーカーのHondaとタイアップして行ってきました。そして、研究成果で開発したドライビングシミュレータのシステムは、現在、医療機関向けに発売され、患者さんの評価・訓練に実際に使用されています。

本研究の今後の展望

昨今の世の中では、運転手が何もしなくても車が勝手に走行する自動運転や障害物を察知して自動的にブレーキが発動する衝突回避システムなどの技術開発が進んでいます。今後、研究が進むことで、障害を負った人の運転操作をアシスト・サポートしたりするシステムも実現可能になります。作業療法士が患者さん個々に合った運転支援システムを提案することで、患者さんがより安全に運転することができるようになります。そんな世の中がすぐそこまで来ています。

高校生へメッセージ

研究を通して、まだ誰にも明らかにされていない真実に辿り着けた時、また、自分の研究が患者さんの役に立った時、その瞬間は何物にも代えがたい喜びがあります。そんな研究の世界を見て、自分の可能性を広げてみませんか?