研究の向こうに未来が見える。

04

義肢装具自立支援学科

研究の向こうに未来が見える。

助教

郷 貴博(ゴウ タカヒロ)

最終学歴 新潟医療福祉大学大学院
学位 修士(保健学)
保有資格 義肢装具士、福祉用具プランナー、福祉住環境コーディネーター2級
趣味 家族旅行、食事
愛読書 松本清張
座右の銘 努力は裏切らない

3Dスキャンを用いた
下腿義足ソケット
設計システムの開発に
関する研究

研究をはじめたきっかけ

私はものづくりを通して人の役に立ちたいという想いから、5年間義肢装具士として臨床現場で勤務していました。しかし、1~2年目は適合した義足の製作に多くの時間を要してしまい、対象者の方にご迷惑をおかけするという経験をしました。そのような経験から、効率的で適合性の高い義足製作の方法があれば義肢装具士と対象者の双方にとって有益ではないかと考え、これを実現するために現在の研究テーマに取り組んでいます。

研究内容

義足ソケットは生体と義足を連結する部分で、製作には十分な知識と技術が必要です。適合の悪いソケットは調整に時間がかかり、そのまま使用し続けると利用者側に傷ができてしまいます。そこで、3Dスキャン・プリンターなどの技術を導入することで、製作効率を上げ、さらに利用者との適合性により優れたソケットの自動設計を行えるシステムを構築したいと考えています。私は、そのシステムの基礎を構築するために、適合性の高い義足ソケットの形状の条件について3D技術を用いて調べています。

研究成果による貢献

義肢装具士の技術をプログラム化した3D技術を導入することで、経験の浅い義肢装具士でも効率よく適合性の高い義肢を提供することが可能となります。その結果、対象者の方に対して義足の調整に必要であった時間を短縮させ、適合の悪い義肢装具に苦労することが少なくなると考えています。これによって義肢装具がより身近な存在となり、より多くの方へ迅速かつ質の高い支援の実現を目指しています。

本研究の今後の展望

義肢装具を自動設計できる3D技術があれば、義肢装具士はより多くの方に対して支援することが可能となり、対象者の負担をさらに軽減できると考えています。また、従来より製作コストを削減できるため、発展途上国などの海外での提供も拡大していくものと考えています。このシステムにより、さらに義肢装具製作の自由度が高まり、義肢装具士の活躍の場が広がることを期待しています。そして、より多くの義肢装具を必要とする方々の手元に質の高い義肢装具が届くことを願っています。

高校生へメッセージ

義肢装具とはどんなものか、どのように作られているのかを紹介します。そして将来、義肢装具がどのように発展しどんな可能性を秘めているのか、その魅力を感じてもらいたいと思っています。少しでも興味のある方は、ぜひご参加ください!