スマートフォンサイトを見る

文字サイズ

臨床技術学科 臨床技術学科ブログ「ダブルライセンス放送局」はこちら

日本初!学生全員で臨床工学技士と臨床検査技師の同時取得を目指す。

資格の垣根を越えて幅広い業務に対応できる「ダブルライセンス取得者(臨床技術者)」を育成。

圧倒的な求人数により、高い就職率を達成

臨床工学技士
国家試験合格率
(過去5年平均)
90.7%
全国平均78.5%
臨床検査技師
国家試験合格率
(過去5年平均)
81.1%
全国平均77.2%
Wライセンス合格率
(過去5年平均)
78.6%
2020年3月卒業生
就職内定率
内定者91名/就職希望者93名
97.8%

就職希望者93名に対して、臨床工学分野491名、臨床検査分野829名もの多くの求人が寄せられ、全国トップクラスの就職内定率を達成!

学びの特色

  1. ダブルライセンス取得に対応し「臨床技術者」を育成する独自のカリキュラム。
  2. ダブルライセンス取得により医療現場のあらゆるニーズに対応。
  3. 「臨床技術者」育成のための充実した実習環境。

TOPICS

INSTAGRAM

NEWS

学科長メッセージ

臨床技術学科長 追手巍教授写真

中村 藤夫
Fujio Nakamura
臨床技術学科長
教授

ダブルライセンスを取得して新たなる医療技術者になろう!

本学科は、大学卒業時に臨床工学技士と臨床検査技師という2つの国家資格を同時に取得することを目指す日本で初めての学科です。1年次には基礎教養、専門基礎科目の修得、2年次には実習を含めた専門基礎科目のさらなる修得、3年次には講義・実習を通し専門領域における実践力の向上、4年次には病院実習、卒業研究、国家試験対策としての補講、模擬試験などを繰りかえし、きめ細やかに学生教育を実践して行きます。厚労省は2021年度から他職種においても医療・福祉の資格、養成課程の一部を共通化し、より良い効率的な医療の実現を目指しています。その先駆者として、臨床工学・臨床検査の両方に通用する知識と技術を修得することにより、将来さらに踏み込んだ形で連携医療、先端医療に関わる医療技術者になることが可能です。


SPECIAL CONTENTS

  • 臨床技術学科ブログダブルライセンス放送局はこちら
  • 「インスタグラムで見る新潟医療福祉大学の日常」はこちら
  • 臨床技術学科紹介MOVIE(YouTubeチャンネルへ)
このページのトップへ