HOME > 専攻・分野 > 博士後期課程 > 医療福祉学専攻
博士後期課程医療福祉学専攻

医療福祉学専攻では、保健・医療・福祉の一貫性ある総合的ケアと、それを推進する総合社会政策の策定ができる人材養成を目指し、専門分野の枠を超えた、心身機能学、福祉人間工学、地域・国際保健福祉学の3つの研究領域を設けて、保健・医療・福祉をめぐる複雑な環境の変化に対応できる高度専門職者を養成します。修了後の進路としては、大学および大学院その他の教育機関、研究機関、病院保健所等の医療機関、行政機関等に教員・指導者・研究者として従事することが想定され、総合的ケアという時代の要請に応えられる、共通認識をもった高度専門職者として、各分野で活躍することが期待されます。

特色
心身機能学 心身機能を多角的に教育研究する医学・医療・工学・スポーツにまたがる学際領域の問題点を扱います。運動・動作・行動・感覚機能を生体力学的、生化学的および電気生理学的等の手法により詳細に分析し、運動障害、認知症、失行・失認・失語症等の高次脳機能障害に対する臨床的な問題解決能力を培い、新たな治療法を開発するための基本的理論を教育研究します。
福祉人間工学 福祉向上に役立つ福祉用具・装具・義肢・靴などをどのように人間に適合させるかを科学的に検討します。それによってより優れた福祉用具の開発やリハビリテーションの方法、健康増進の方法の向上を目指します。そのためにコンピュータを駆使した最新の身体動作分析の手法や人間工学的な手法を活用します。
地域・国際保健福祉学 主に地域、国際レベルでの人間集団を対象とした健康や福祉の向上を目指し、各専門領域について学びます。専門領域は、予防保健学、公衆衛生学、国際保健学、健康政策学、社会福祉学などが含まれます。研究手法は、テーマに応じて自然科学から社会科学まで多様な手法を用います。
研究テーマ例
  • 地域包括支援センターにおける職種別の職業性ストレスの実態と影響の検討
  • 大学体育の教材特性と授業改善に関する研究
  • 初診時における咬合崩壊予測に関する研究 -歯科診療所の経年データを用いたCox比例ハザードモデル-
  • 大学生女子運動選手における食品群別摂取状況ならびに睡眠状況調査
  • 偽手の身体化に対する経皮的神経電気刺激と視覚触覚同期性の影響
  • 農村部在住高齢者におけるご当地体操の未実施要因の検討
  • 変形性膝関節症患者における歩行中にみられる外側スラストは内反足と関連する:探索的研究
  • 乳がん患者の健康関連QOLに対する肩関節機能と術後自覚症状の影響
  • 他動運動に伴う体性感覚入力は一次運動野の興奮性を増大する
  • 肩関節屈曲,肩甲骨面挙上,外転時の肩甲骨の動態 -性別による比較-
  • 助産事故後も女性との関係を維持した開業助産師の体験 -事故の受けとめのプロセスに焦点をあてて-
  • サハラ南部のフランス語圏トーゴにおける義肢装具教育の課題
  • 縄文時代人の尺骨骨幹部形態
  • 相談支援専門員におけるバーンアウトとその関連要因
  • 構造的脚長差の独立変数の予測値の検討
  • 家族参画型Post-NICU退院支援モデルの構築と適用課題 ~入室児家族面接結果の分析から~
  • 新潟県の介護保険施設入所高齢者への口腔健康管理に関する医療福祉4専門職種の認識と励行度の比較
  • 軽度の下肢麻痺を有する脳卒中片麻痺者に対する軟性サポータータイプの短下肢装具の開発
  • ランニング中における後足部,中足部,前足部間の協調性パターンの定量化
  • 高齢者施設内で使用される簡易な靴に必要な構成部材の検討
  • 靴型設計時における成人女子用後足部基準値表の作成 
  • 運動課題における筋の収縮強度,収縮様式,運動時間が運動後抑制の程度に与える影響
  • 相談支援専門員の養成教育プログラム開発に関する研究 ~被災者支援から派生したソーシャルワークの視点から~
  • 小脳への経頭蓋直流電流刺激が立位姿勢制御に与える影響
  • 2連発電気刺激が皮質内神経回路の活動性に及ぼす影響
  • 在宅パーキンソン病患者の災害時要援護者登録に関する研究
  • 東日本大震災後福島県からの県外避難家庭の被災直後と3年後のストレス度差の要因分析
  • 皮膚電気刺激による求心性促通潜時と皮膚筋反射および体性感覚誘発磁界潜時との関連
  • 母趾外転筋の加圧による外反母趾矯正に関する基礎的研究
  • 静止立位時における中足骨パッド最適位置の検討
  • 擬似的脚長差条件における健常者の立位保持調整に関する研究
  • アキレス腱の捻れ構造 ~捻れの程度による分類~

分野長メッセージ

科学的態度と総合的リハビリテーションの視野を持った人材の育成

大山 峰生医療福祉学専攻長

博士後期課程に進学する本来の目的は学位をとることにあります。さらに、博士後期課程は研究者としての第一歩でもあり、今まで誰も解明していないことや実現していないことに関する研究に取り組み、世界初となる研究成果を論文として学会誌に発表することが求められます。

本学の大学院の特徴は、保健・医療・福祉・スポーツ・医療情報・経営管理領域を専門とした意を同じくする研究集団の下で研究を学び、充実した研究経験を積み重ねることができることです。また、これらの領域の優れた専門家が連携して得られる豊富な人的資源の中で議論を重ね、多視点からのアドバイスを得ながら研究を進められることにあります。これは、これら領域の学際的な研究をしたい方にとっては、効率よく研究成果を得るためのより恵まれた環境であるともいえます。

研究成果を論文として公表するためには、進学してからの活動計画と行動力が鍵となります。保健・医療・福祉・スポーツ・医療情報・経営管理の各専門領域あるいはこれら学際領域の研究を志す方は、是非、本学の教育・研究の環境下で、研究活動に励み、研究成果を公表してはいかがでしょうか。本学の博士後期課程の研究で養われた計画能力、行動力、プレゼンテーション能力は将来のためにきっと役立つはずです。