HOME > 専攻・分野 > 修士課程 > 健康科学専攻健康栄養学分野
健康科学専攻健康栄養学分野
食と栄養を通じて、生活の質を向上させる

健康栄養学分野では、食を通した健康の保持・増進、疾病の治療・重症化予防に関する研究、おいしさを追求した介護食、食事の栄養分析等に関する研究などを行っています。
修士課程の履修コースは、「修士論文コース」と「臨床栄養専門コース」の2つに分かれていますが、いずれのコースも修士(健康栄養学)を取得することができます。

トピックス
第20回日本病態栄養学会において健康栄養学分野院生が受賞

2017年1月15日に、京都市で行われた第20回日本病態栄養学会にて、健康栄養学分野の竹内瑞希さんが、レシピコンテストのお弁当部門で優秀賞を受賞いたしました。このコンテストは、「糖尿病のための500kcal オリジナル弁当」というテーマで行われました。審査は、特設会場に食材やお弁当を入れる容器や試食のための皿などを持ち込んで、制限時間内にお弁当を作成し、審査員が試食をし、ポスターを見た学会員がよいと思うものにシールを貼っていき、最後に応募者がプレゼンテーションを行うという流れで行われましたが、審査員の試食の段階で、すでに高い評価をいただいていたようです。献立は、鮭の酒粕ソース、だし巻き卵、かきのもとの和え物、スキー汁などで、新潟の食材をふんだんに使ったものでした。スキー汁というのは新潟の郷土食で、味噌をベースとした具だくさんの汁物です。これを保温容器に入れて、見た目も鮮やかな温かいお弁当に仕上がっていました。竹内さんはコンテストの前に、何度も何度も試作をしたそうで、当日は体重より重いくらいの食材や食器を抱えて会場に運び入れていました。

竹内さんは、病院の管理栄養士として勤務しながら、患者さんの日常の食生活に役立つような研究をしたいという気持ちから、大学院に入学し、低リン・カリウム食についての研究をしました。今後も研究を続け、その成果を現場に還元されることを期待しています。

特色
修士論文コース 本コースは研究中心のコースです。食や健康に関連した研究分野は実に幅広く、基礎から臨床、応用にわたり様々な研究があります。研究では、あるテーマについて、計画、実施、結果に対する考察(評価)を行うことが必要です。学部教育でも卒業研究を行いますが、大学院ではそれをさらに深く追及します。管理栄養士の職場においても業務の計画、実施、評価がきちんとできることが求められています。研究を遂行することを通し、このような能力を身につけることを目的とし、さらに、研究者や高度専門職者の育成を目指しています。また、臨床栄養専門コースで開設されている臨床栄養学に特化した講義も受講可能で、管理栄養士としてのより深い専門知識を学ぶこともできます。
臨床栄養専門コース カリキュラムは、臨床栄養に関する高度な知識と技術を修得することを目的に、各種疾患別の栄養治療ならびに栄養管理、摂食・嚥下機能障害者に対する栄養サポートに関する講義や、病態栄養専門師、糖尿病療養指導士、静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士の資格取得を念頭においた症例レポートの作成演習、OSCE(客観的臨床能力の養成)演習などを配置しています。臨床現場の第一線で活躍している医師(臨床教授)、管理栄養士、看護師などから直接指導を受けることができます。
2017年度臨床教授
本間 照 新潟第二済生会病院 消化器内科部長
大塚英明 南部郷総合病院 循環器内科部長
柄澤 良 豊栄病院 副院長
齋藤泰晴 みどり病院 副院長
八幡和明 厚生連長岡中央綜合病院 副院長
坂井邦彦 新潟臨港病院 内科部長
本コースでは、高度先進医療を実施している病院での半年間のインターンシップ(管理栄養士として医療施設や福祉施設に勤務している方は、各人の職場における活動で代替可)と課題研究を設けています。
修了後の進路・目指す将来像
  • 病院管理栄養士(チーム医療への参画)
  • 老人福祉施設管理栄養士(栄養ケア・マネジメントの実施)
  • 病院栄養管理部門のリーダー
  • 病院給食管理部門のリーダー
  • 厚生労働省等の国の栄養行政をおこなう技官
  • 都道府県・保健所の栄養行政のリーダー
  • 市町村健康増進部門、福祉部門、教育委員会等の栄養行政のリーダー
  • 食品系企業研究部門研究員
  • 食品系企業商品開発部門研究員
  • 小中学校栄養教諭
  • 栄養士養成専門学校教員
  • 栄養士養成大学・短大教員
  • 管理栄養士養成大学教員
  • 研究所研究員
  • 博士後期課程進学

分野長メッセージ

科学的な根拠を追及する楽しさを味わいましょう

伊藤 直子健康栄養学分野長

管理栄養士は、人々の健康の源となる適切な栄養管理を行うことが使命です。そのためには、食材やその中に含まれる栄養素、その体内動態について正確なことを知らなければならないのはもちろん、献立の立て方や、食べる方の体や嚥下の状態に合わせた食事形態、効果的な栄養指導など、考慮しなければならないことがたくさんあります。それには、根拠のある科学的知識が必要です。例えば、以前は、ポリフェノールは食品のアクにしかすぎませんでしたが、研究の進展により、今では積極的に摂取すべき機能性成分の一つになっています。また、BMIと健康との関連を調べた研究により、適正とされるBMIの目標値も変わってきています。このように、研究が進むことで、以前の常識と異なってくることもあります。適切な栄養を摂取するための根拠を自ら科学的に解明すること、それはとてもワクワクすることです。このワクワク感を大学院で味わってみませんか。