HOME > 大学院概要 > 大学院の構成・3ポリシー
大学院の構成・3ポリシー

大学・大学院の構成

医療福祉学専攻〈博士後期課程〉 理学療法学分野 作業療法学分野 言語聴覚学分野 義肢装具自立支援分野 医療技術安全管理学分野 視覚科学分野 看護学分野 健康スポーツ学分野 健康栄養学分野 保健医療福祉政策・計画・運営分野 保健医療福祉マネジメント学分野 医療情報・経営管理学分野 プロジェクト研究センター 運動機能医科学研究所

3ポリシー

修士課程

優れたQOLサポーターの
資質・能力
「STEPS」
ディプロマ・ポリシー
修了認定方針
カリキュラム・ポリシー
教育課程編成方針
アドミッション・ポリシー
入学者受け入れ方針
S Science & Art
科学的知識と技術を
活用する力
高度専門職業人または教育研究者として科学的知識と技術の基本を応用できる。 高度専門職業人または教育研究者として必要な知識と技術を修得するために、共通科目の専門基礎関連の科目および各分野の特論科目を配置する。成果は履修科目の成績により評価する。 幅広い教養と専門分野の教育研究に必要な基礎的知識と技術を有する。
T Teamwork
& Leadership
チームワークと
リーダーシップ
専門領域における知識と技術、リーダーシップにより他領域の専門家との良好な関係を構築し、国際化した社会において効果的に職務を実践できる。 多職種間連携を図り、リーダーシップを発揮して職務を遂行する力を修得するために、共通科目の連携教育方法関連の科目を配置する。成果は履修科目の成績により評価する。 多職種間の連携技能にくわえ、日本国内および地域社会においてリーダーシップを発揮し、職務を実践する強い意志と態度を有する。
E Empowerment
対象者を支援する力
豊かな人間性と高潔な倫理観に基づき、国際化した社会の一員として対象者の価値観、自己決断力、自己決定権を尊重し、適切な支援をすることができる。 対象者の価値観、自己決断力、自己決定権を理解し、適切に支援できる力を涵養するために、共通科目の専門基礎関連の科目および各分野の演習・実習科目を配置する。成果は履修科目の成績により評価する。 人の多様な生き方を理解し、専門分野における対象者の支援に対して強い意志を有する。
P Problem-solving
問題を解決する力
科学的に評価された結果を総合的に分析・考察し、得た結論に基づき、より有効に対象者の問題を解決できる。 論理的思考力と問題を総合的に分析・考察して解決する力を高めるために、共通科目の研究方法関連の科目および各分野の特別研究の科目を配置する。成果は履修科目の成績により評価する。 専門分野に関する問題を多面的に認識し、解決するために必要な基礎的知識または経験を有する。
S Self-realization
自己実現意欲
教育研究活動または高度専門職業人としての実践活動を生涯を通じて主体的・意欲的に続けることができる。 教育研究活動や高度専門職業人としての実践活動を主体的に取り組む意欲を強化するために、共通科目の国際保健医療学関連の科目および各分野の課題研究の科目を配置する。成果は履修科目の成績により評価する。 専門分野に関する課題に広く関心を持ち、主体的・意欲的に学習する態度を有する。

※建学の精神「優れたQOLサポーターの育成」のもと、優れたQOLサポーターに求められる資質・能力を5項目あげ、その英語の頭文字をとって「STEPS」と定義している。

博士後期課程

優れたQOLサポーターの
資質・能力
「STEPS」
ディプロマ・ポリシー
修了認定方針
カリキュラム・ポリシー
教育課程編成方針
アドミッション・ポリシー
入学者受け入れ方針
S Science & Art
科学的知識と技術を
活用する力
より優れた高度専門職業人または教育研究者として学際的・総合的な観点から専門分野の知識と技術の発展に貢献できる。またその成果を世界に向けて発信することができる。 高度専門職業人または教育研究者として高度な知識と技術を発展させ、その成果を世界に向けて発信する力を修得するために、特殊講義、演習、特殊研究それぞれの科目のなかで30%程度、当該内容を設定する。成果は履修科目の成績により評価する。 専門職業人または教育研究者としての科学的知識と技術の基本を有する。また、世界に向けて情報発信するための基礎的英語力を有する。
T Teamwork
& Leadership
チームワークと
リーダーシップ
専門領域における高度な知識と技術、卓越したリーダーシップ、グローバルな判断力により他領域の専門家とのより発展した関係を構築し、国際的にも優れた成果を生みだすことができる。 他領域の専門家とのより発展した関係を構築し、国際的に優れた成果を生みだす力を修得するために、特殊講義科目のなかで10%程度、当該内容を設定する。成果は履修科目の成績により評価する。 多職種間の連携技能にくわえ、国際社会等においてリーダーシップを発揮し、職務を実践する強い意志と態度を有する。
E Empowerment
対象者を支援する力
豊かな人間性と高潔な倫理観を有し、国際化した社会の一員として対象者の価値観、自己決断力、自己決定権を尊重し、適切な支援をさらに発展させることができる。 豊かな人間性と高潔な倫理観、対象者への発展的な支援ができる素養を涵養するために、特殊講義科目のなかで20%程度、当該内容を設定する。成果は履修科目の成績により評価する。 専門分野における対象者の支援に対してさらに発展させる強い意志を有する。
P Problem-solving
問題を解決する力
より優れた高度専門職業人または教育研究者として自立して対象者の問題を解決し、研究へと発展させることができる。 国際的に秀でた研究、開発能力を高めるために、特殊講義科目のなかで20%、演習、特殊研究それぞれの科目のなかで70%程度、当該内容を設定する。成果は履修科目の成績により評価する。 問題を多面的に認識し、解決できる体系的な高度専門知識と問題解決するための基礎的研究手法を有する。
S Self-realization
自己実現意欲
より優れた教育研究者または高度専門職業人として国際的に活躍できる研究能力や高度専門的知識と技術を生涯を通じてさらに発展させ、自己実現に近づくことができる。 教育研究者または高度専門職業人として国際的に活躍するという自己実現意欲を強化するために、特殊講義科目のなかで20%程度、当該内容を設定する。「医学研究の英語論文作成から投稿、掲載受理まで」等の講演でも当該内容を含む。成果は履修科目の成績により評価する。 教育研究活動または高度専門職業人として主体的、意欲的に自己実現を達成しようとする態度を有する。

※建学の精神「優れたQOLサポーターの育成」のもと、優れたQOLサポーターに求められる資質・能力を5項目あげ、その英語の頭文字をとって「STEPS」と定義している。