一般選抜・大学入学共通テスト利用選抜

ポイント1 同時出願で合格率UP! ポイント1 同時出願で合格率UP! ポイント2 第2志願制度で合格率UP! ポイント2 第2志願制度で合格率UP! ポイント3 2日間受験で合格率UP! ポイント4 学内併願で合格率UP! ポイント4 学内併願で合格率UP!

ポイント1 同時出願で合格率UP! ポイント1 同時出願で合格率UP! ポイント2 第2志願制度で合格率UP! ポイント2 第2志願制度で合格率UP! ポイント3 2日間受験で合格率UP! ポイント4 学内併願で合格率UP! ポイント4 学内併願で合格率UP!

ポイント1

一般選抜
大学入学共通テスト利用選抜
「同時出願」で合格率UP!

一般選抜と大学入学共通テスト利用選抜は「同時出願」が可能です。どちらの選抜区分でも合否判定を行うため、合格のチャンスが広がります。

2020年度(昨年度)一般選抜(前期)の「同時出願」志願者の合格率は、「単願」志願者の合格率を大きく上回る結果となっています。
合格の可能性を高めたい方は、一般選抜と大学入学共通テスト利用選抜の「同時出願」をおすすめします!

一般選抜(後期)と大学入学共通テスト利用選抜(前期)の「同時出願」合格率(2020年度)

ポイント2

一般選抜第2志願制度
活用で合格率UP!

一般選抜では、一度の出願で第2希望学科まで志願できる「第2志願制度」を設けています。第1志願学科で合格とならなかった場合に、第2志願学科で合格となる場合があります。
※理学療法学科、臨床技術学科、診療放射線学科、看護学科を第2志願学科として受験することはできません。

2020年度一般選抜(前期)では、第2志願制度を活用した志願者が、第2志願制度を活用しない志願者の合格率を大きく上回る結果となっています。
第2志願制度の活用で、合格の可能性をさらに高めましょう!

一般選抜(前期・後期)の「第2志願制度」合格率(2020年度)

ポイント3

一般選抜2日間受験
合格をつかみとろう!

一般選抜(前期日程)2日間の選抜試験日の第1志願学科をどちらも同一学科に出願した場合は、高得点だった選抜試験日の点数を合否判定に採用します。そのため、1日目に実力を出せずに合格点に満たなかったとしても、2日目の得点で合格する可能性があります。

2020年度(昨年度)一般選抜(前期)では、全受験者の6割以上の方が2日間受験をしましたが、約4人に3人の方は1日目と2日目の得点差が10点以上あったという結果となっています。
受験機会をフル活用し、合格の可能性を広げましょう!

2日間受験者の2日間の得点差集計(2020年度)

ポイント4

大学入学共通テスト利用選抜
複数学科へ出願する「学内併願」
合格の可能性を高めよう!

大学入学共通テスト利用選抜では、興味・関心のある学科すべてに出願する「学内併願」が可能です。
選抜科目は、各学科が「選抜」に指定している科目の中から、受験した高得点の科目を利用し判定します。
また、大学入学共通テストを受験し、自己採点を終えた後でも出願することができます。

ポイント1の一般選抜との「同時出願」と、大学入学共通テスト利用選抜の「学内併願」で合格をつかみとりましょう!

「同時出願」×「学内併願」

  • ※ 合格状況・比率・合格率は2020年度入学選考試験実績より算出。
    また、すべて2021年度選抜区分名称で記載(一般選抜は旧一般入試、大学入学共通テスト利用選抜は旧センター試験利用入試)。
このページのトップへ