チーム医療とは?

患者や対象者に対して、様々な専門職が連携して治療やケアにあたること。

「超高齢社会の到来」「医師・看護師の不足」「医療の高度化・IT化」に伴い、様々な課題を抱える現代の医療現場において、質の高いサポートを実現するためには、医師だけでは十分なケアを行うことが困難になってきています。そこで、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉・医療事務などの関連する様々な専門職が連携・協力しながら患者・対象者のケアにあたる「チーム医療」・「チームアプローチ」を実践した効果的、効率的なサービスの提供が必要不可欠となっています。

チーム医療とは? チーム医療とは?
次を見る

動画で見る
「チーム医療」

CASE1 [女性69歳]家の階段から落ち、病院へ
<3分18秒>

CASE2 [男性63歳]急な頭痛で、病院へ
<4分9秒>

次を見る

新潟医療福祉大学「チーム医療」学ぶ

本学では、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉の総合大学であるメリットを最大限に活かして、
他学科の学生と共にチームを形成して学ぶ「連携教育」を導入し、
将来、「チームの一員」として活躍するために求められる関連職種への理解やチームワーク技法を実践的に学んでいきます。
さらに、【スポーツ×リハビリ】【看護×福祉】など、学科コラボによる学びを推進し、より幅広い知識を修得します。

1年次

関連分野への基礎理解

専門職を目指すにあたり、基盤となる保健・医療・福祉・スポーツ、自然科学、社会科学に関する基礎知識を身につけます。

科目

●チームアプローチ入門・・・・・・連携教育

チームアプローチの「基礎」を学ぶ。

保健・医療・福祉の現場では、各専門職でそれぞれ果たすべき役割がありますが、それと同時に異なる専門職同士の連携が不可欠です。この科目では、本学の「連携教育」の入門として、チームアプローチにおける各専門職の役割やその必要性と現状について学びます。

  • ● ボランティアの世界
  • ● 心理学概論
  • ● 命の倫理
  • ● 臨床医の世界
  • ● コミュニケーション学入門
  • ● 人間を知る
  • ● アスリートの世界
  • ● シティズンシップ教育入門 など

2年次

関連分野への総合理解

保健・医療・福祉・スポーツのそれぞれの分野を取り巻く、様々な制度や環境について幅広く理解を深めます。

科目

●連携基礎ゼミ・・・・・・連携教育

各学科の学生と連携し「チームワーク」を実感。

全学科の学生が混成で学び、担当教員の指導のもと、保健・医療・福祉・スポーツに関連した研究テーマを決定し、共同研究の成果を全体の場で発表します。こうした一連の作業を通じて関連職種への理解を促し、また日本語によるコミュニケーション技術の向上を図ります。

【研究テーマ例】
  • ■ 目を覚ますには?
  • ■ 声掛け効果による能力値UP
  • ■ 疲れない歩き方
  • ■ 食事とストレスの関係
  • ■ 別腹ってあるの?
  • ■ 色が与える影響 など

3年次

マネジメントと連携

保健・医療・福祉・スポーツの連携について、その実際を学び、それぞれの現場に即して説明することのできる能力を身につけます。

科目

●保険医療福祉リスクマネジメント論
●保険医療福祉連携学・・・・・・連携教育

保健・医療・福祉の現場で行われている連携の実際について学ぶ。

病院などの「医療現場」、小児や高齢者施設などの「福祉現場」、そして地域で暮らす人々を対象とした「保健・地域」のそれぞれの現場で行われる専門職の連携について、現場の声や具体的な事例を通じて、その実際について学びます。

【研究テーマ例】
  • ■ がん患者を取り巻くチームアプローチについて
  • ■ 地域包括システムにおける認知症予防のための専門職連携
  • ■ 日本在住の外国人への保健・医療・福祉チームサポート など

4年次

総合演習

3年次までに修得した多職種間の連携について、実際の症例などの具体例を通じて演習するための能力を身につけます。

科目

●連携総合ゼミ・・・・・・連携教育

学科の枠を超えた専門職連携を実践的に学ぶ。

これまで学内外で修得した専門知識・技術を総動員し、チーム医療などについて実践的に学んでいきます。ゼミでは、具体的な症例をもとに、関連する学科が混成でグループを形成し、グループワークを通じて具体的な支援策について意見交換を行い、検討結果を発表します。

【研究テーマ例】
  • ■ 長距離アスリートの摂食障害
  • ■ 中高年者のメタボリックシンドロームの改善
  • ■ 発達教育児の特別支援教育における外部専門家との協力 など
次を見る

連携総合ゼミ(4年次)はこう進む

  • 01

    担当する専門職を理解

    症例に対する支援策について、参考書などを用いながら自己学習を行い、自身が目指す専門職への理解・知識を深めます。

  • 02

    他の専門職を理解

    自己学習の成果をグループ内で発表し、各専門職の役割や専門用語などの情報を共有することで、他の専門職への理解を深めます。

  • 03

    各専門職の支援策を共有

    各専門職の立場から意見や支援策を出し合い、グループ内で支援策の内容を共有することで、他の専門職との連携について理解を深めます。

  • 04

    協働して支援プランを作成

    グループ内で共有した支援策をもとに、各専門職の立場から意見交換し、対象者に対して最善となる具体的な支援プランを作成します。

  • 05

    グループ発表

    これまでの研究成果をグループ内で各自分担して、発表会に向けた資料作成を行います。発表会ではパワーポイントを使用して代表者が発表します。

次を見る

連携総合ゼミ体験記

研究テーマ

「筋委縮性側索硬化症(ALS)ケースの
在宅療養現実への支援」

筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断された患者様の在宅療養の実現に向けた支援をテーマに、関連する5学科の学生がチームを形成し、その支援策を検討しました。また、日本歯科大学新潟短期大学の学生が「口腔ケア」の専門職としてチームに加わり、大学の枠を超えた連携でリハビリの方法や福祉支援、看護支援など各専門職の立場で意見交換し、具体的な支援策を発表しました。

[連携総合ゼミメンバー]

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 健康運動指導士
  • 看護師
  • 社会福祉士
  • 歯科衛生士(日本歯科大学 新潟短期大学)

理学療法士として参加

理学療法学科4年
笛木 亜里沙 (新潟県 巻高校出身)

予後が悪い症例に対して、全身のコンディショニングのケアを重点に、ストレッチなどによる身体機能の維持に関わる支援策を考えました。また、自宅での生活を充実させるために福祉用具を用いた支援策も検討しましたが、社会福祉士を目指す学生から保険制度について説明を聞くことで、福祉用具を導入することの難しさを知ることができました。様々な専門職同士が情報共有することで、一人の専門職では気づけない発見ができました。

作業療法士として参加

作業療法学科4年
長谷川 春香 (新潟県 村上高校出身)

今回の症例は進行性の病気のため、「対象者が自分らしく生きるためにはどうすれば良いか」ということをメンバーで共有しながら支援策を考えました。私は、作業療法士として対象者が家族と過ごすための支援策を考え、コミュニケーションツールの活用やベットサイドの環境整備などを提案しました。今回のゼミを通じて、お互いの職種を理解し協力し合うことが、より良い支援策の提案に繋がることを実感できました。

健康運動指導士として参加

健康スポーツ学科4年
町田 遼太 (群馬県 前橋育英高校出身)

対象者へ運動を取り入れた支援策を考えましたが、身体を動かすことが困難な症状のため、支援策を提案することに悩んでいました。そんな中、ゼミのメンバーから「対象者の環境を整えることも必要」というアドバイスをもらい、対象者を介護する家族のストレス発散を目的とした運動プログラムを支援策として考えました。他学科の学生と連携し意見交換することで、支援に対する考え方の幅を広げることができました。

看護師として参加

看護学科4年
岩村 蒼生 (新潟県 新潟南高校出身)

看護師は、対象者にとって最も身近で長期間に渡り関わるため、その人らしく生活するための支援策を考えました。今回の症例では、対象者が「食事を口で食べたい」と望んでいたため、食事をとろみ食にしたり、喉へのアイスマッサージを行う支援策を考えました。しかし、他のメンバーからは咀嚼(そしゃく)のリハビリを勧める意見が出るなど、ゼミを通じて多面的に対象者を捉えた支援策を考えることができました。

社会福祉士として参加

社会福祉学科4年
小川 宏幸 (新潟県 新潟第一高校出身)

対象者が相談をしやすいよう相談先を一つに限定せず、複数の相談先を提供することで、より相談しやすい環境を提供できるよう支援策を考えました。また、ゼミでは進行役として情報収集したデータをまとめ、チームで情報共有ができるように工夫しました。最初は対象者の要望を聞き、その方を理解しようと考えましたが、他のメンバーの意見も聞くことで、異なる専門職の視点で対象者を理解することの大切さに気付くことができました。

Check!

各分野の第一線で活躍する教師陣と世界水準の設備環境で、学生一人ひとりの実践力を高める。

このページの先頭へ