スマートフォンサイトを見る

就職・資格

看護師(国家資格) この資格を目指す/看護学科

入院患者様の世話など、医師の指示のもと診療や治療の補助を行う専門家。
看護師は「療養上の世話」と「診療の介助」を行うことができます。前者は看護師独自の判断で実施できます。後者は医師の指示を必要とします。看護は人々の健康問題によって生じる身体的、精神的、心理社会的な総合的側面から生活に及ぼす影響をとらえ、必要とする看護援助を判断し実施します。そのため看護師は、健康問題に影響を受けた人々に対応するための判断力と援助する看護力としての実践能力が求められています。

仕事内容

看護師イメージ

検温や血液測定など、患者様の健康状態を知るために必要な業務や、医師の指示のもとで注射や点滴などの治療の補助を行います。また患者様が、快適な入院生活を送ることができるようにベッドメーキングや入浴・食事の介助なども行います。近年では高齢化の進展に伴い、自宅へ訪問し、検診や日常生活のアドバイスなども行っています。

主な活躍の場

  • 病院など医療機関
  • 保健所・保健センター
  • 訪問看護ステーション
  • 教育・研究機関
  • 社会福祉関連施設・機関

より専門的な知識・技術が求められる現在、4年制大学を卒業した看護師のニーズが高まっています。
近年、看護師は「チーム医療」の要として重要な役割を果たしています。そのため、より専門的な知識や技術が求められ、4年制大学を卒業した看護師へのニーズが高まっています。また診療報酬の改定により、病院経営においても看護師の確保が重要とされ、多くの養成校で就職率100%を達成しています。さらに、看護師が患者様から症状を聞き取り、生活指導など行う「看護外来」を設ける病院も増えるなど、活躍の場がますます広がっています。

OB・OGレポート

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

小林加奈

退院後の生活を見据えて

私は現在、看護師として勤務しています。受け持ち患者様の全身状態を把握してから、検温、医師の診療・治療の補助、環境整備、食事介助、入浴介助など患者様が安全且つ快適で、安心して入院生活を送れるよう配慮しながら日々の業務に励んでいます。また、入院時から退院後の生活を見据え、患者様や家族の意向をくみ取りながら他の専門職と連携してカンファレンス(患者様へのより良い支援方法を検討するための会議)を行い、生活動作の訓練や生活指導も行っています。

小林加奈
卒業年度:2015年度
出身高校:新潟県・新潟東高校
勤務先:医療法人新成医会総合リハビリテーションセンターみどり病院
職種・職位:看護師

佐藤 大輔

その人らしい生活送れるように

私は現在、聖マリアンナ医科大学病院で看護師として勤務しています。患者様の状態を観察し、どうすれば患者様の状態が良くなるかを考え、実践することが看護です。例えば、呼吸状態を良くするために患者様の呼吸の音を聴き、呼吸状態が改善するように体の向きを変えたりします(体位変換)。病気により自分自身で身の回りのことができない患者様に対しては、食事やトイレの介助を行います。また、回復のための援助を行っても入院前と比べて状態が変わってしまい、退院後の生活が心配な患者様もいます。そのような方には、退院後の生活を患者様、ご家族の方と相談し、その人らしい生活が送れるように支援を行います。

佐藤 大輔
卒業年度:2014年度
出身高校:新潟県・長岡向陵高校
勤務先:聖マリアンナ医科大学病院
職種・職位:看護師

教員メッセージ

石塚 写真

相手の気持ちに寄り添う看護を学んで。
看護学科/講師 石塚 敏子

基礎看護学実習で学生が受け持った患者Kさんは、頚椎損傷で入院されていました。Kさんは寝たきりの状態でしたが、手術と懸命なリハビリで歩行できるまでに回復。リハビリを休むと動かなくなるからと、常に不自由な手をマッサージしていました。実習最終日、いつものようにKさんのベッドサイドに腰をかけて話を聴く学生に、Kさんは「動けないときは辛かった。涙が出ても自分の手でぬぐうことができないんだもの」と涙ながらに語ってくれました。手足を思うように動かせないことがどんなに辛いことか学生も感じ取ってくれたと思います。
看護は、相手の気持ちを理解しようと寄り添うことから始まります。「相手の身になる」ことができにくい人が増えていると言われる現代、看護を学ぶことにも相当なエネルギーがいるかもしれません。でも、乗り越えればきっと、看護の楽しさや醍醐味がわかるはず。看護の力がさまざまな場所で求められる今、一緒に看護を学んでみませんか。

この資格取得を目指す! 看護学科

この資格を目指す/看護学科

  • 資料請求・大学案内請求
  • オープンキャンパスに申し込む

このページの先頭へ戻る