スマートフォンサイトを見る

大学概要

教育の基本理念

基本理念

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を支える人材を育成する大学
  1. 保健医療福祉スポーツ分野の高度専門職者を育成する。
  2. 保健医療福祉スポーツ分野の諸専門領域を横断的、融合的に理解する人材を育成する。
  3. 対象者を全人的に理解し、支援する人材を育成する。

今日の、そして今後の保健医療福祉スポーツ専門職者にとって、有用で根拠あるサービスを展開するための根本的な理念は、対象者の「QOL向上」であると捉えることが最も重要なことである。
そのため、本学では全学科において人材育成の基本理念を、「対象者のQOL向上を考え、QOL向上のため支援を実践する人材育成」と設定し、その理念に沿う具体的な目標として上記1~3の人材育成方針のもと教育を行う。
教育課程の最初には専門分化でなく、保健医療福祉スポーツの分野を広く統合して考えられる人材育成を基本的目標とし、その上で高度に分化した専門職育成を行う。

QOL(Quality of Life)とは

本学の掲げるQOL(Quality of Life)は、人生の質や生活の質を高めることで、一人ひとりの生き方を大切にしようという考え方です。もちろん、QOLは一人ひとりによって異なり、高齢者や障害のある方だけの問題ではありません。本学では、ますます多様化するQOLはもちろん、健康寿命に対する社会的なニーズを踏まえ、社会が求める「一人ひとりのQOLの充足」を支えていく人材の育成に力を注いでいます。保健・医療・福祉・スポーツという4つの分野を横断的に理解し、チームワークを育みながら、より効果的なQOL充足の手法を学び、そして実践する人材育成こそ目標とする教育のあり方なのです。「長く生きる」という考えから「いかに良く生きる」へ。新潟医療福祉大学は、時代が求めるQOLサポーターを育成します。

地域社会のニーズに応える大学
  1. 大学の教育研究情報の積極的公開・提供
  2. 地域の関連専門職団体や関係機関と連携して行う研究会の開催、研究会への協力
  3. 情報通信ネットワークによる保健医療福祉スポーツ施設、在宅介護支援機関等への支援
  4. 社会人等特別入学試験、科目等履修生制、聴講生制度
  5. 公開講座(エクステンションプログラム)開講
    ア.保健医療福祉スポーツ専門職・小中高教員向けのセミナー・研究会の開催
    イ.高校生など対象の夏季特別プログラムの実施
    ウ.市民公開講座、市民参加交流講座の開催
  6. 社会的貢献-教職員・学生のボランティア活動の積極的推進

保健医療福祉スポーツサービスは、行政機関や各種施設の職員、家族・親族、ボランティア団体、住民など多様な人々によって担われる。保健医療福祉スポーツ分野の大学である本学が、専門的学術情報を中心として地域の連携拠点として機能することにより、多様な活動を有機的に結び付け、より一層地域全体としてサービス水準の向上を図れるものと考える。
また、本学学生のみならず、広く社会人に対して門戸を開き、更に地域の保健医療福祉スポーツ水準向上のため、関係機関や行政と密接に連携をとりつつ可能な限り地域住民の保健医療福祉スポーツ活動に寄与するよう努める。

国際社会に貢献する大学
  1. 人的交流-教員の交流・留学生の受入れや学生の派遣
  2. 日本周辺諸国との保健医療福祉スポーツ分野における交流のシンポジウム・ワークショップなどの開催

保健医療福祉スポーツ分野でも「発信」型の国際交流が望まれる。中国、韓国、台湾、東南アジア諸国では、程度の差はあれ、工業化、都市化、核家族化、長寿化、伝統的な家族意識の崩壊などの諸要因によって、一人暮らしや老夫婦だけの高齢者世帯が増え、健康問題、保健医療問題、介護問題などの生活問題を抱えはじめている。このような変化はまさしく我が国が辿った過程であり、その先には保健医療福祉制度の見直しや、高度専門職者育成など諸課題が生じることが予測される。
わが国が周辺諸国から期待されている役割を果たす意味からも、これらの課題に取り組み、我々の高齢社会に於ける経験に基づく有用な情報を積極的に発信し、国際的に貢献するよう努める。

教育内容の特色等

本学は深い人間理解と高い専門職倫理に立脚し、“地域社会における保健医療福祉サービスを統合した自立支援”の基本理念の下、個別援助、集団援助から地域計画までを総合し、もって地域社会の要請に応え得る保健医療福祉スポーツ分野の高度な専門性を有し、実践する人材の養成を目的とする。
その目的達成のため、それぞれの学科におけるカリキュラムは、その名称が示す内容の国家資格等の受験資格を取得することができるように設定している他、育成する“人材像”として以下の目標を設定する。

  1. 対象者のQOL(生活の質、生きる質、健康の質)を自ら考え、その向上を実践する人材
  2. 多様な価値観に寛容であり、対話ができる人材
  3. 保健医療福祉スポーツ分野の複数の職種の人たちとチームアプローチができる人材
  4. 教養的知識と専門的知識・技能をバランス良く身につけている人材
  5. 保健医療福祉スポーツおよび一般社会における情報化に対応できる人材
  6. 異文化理解・コミュニケーションの手段として外国語を使い、自ら発信できる人材

このページの先頭へ戻る