スマートフォンサイトを見る

特色

実践力を身につける
国際感覚を学ぶ
これからの保健・医療・福祉・スポーツを「創造」する、豊かな感性と幅広い視野を身につける。

本学では、9ヵ国11大学・2医療機関と国際交流協定などを締結し、国際的な視野を身につけるための多様な国際交流活動を実施しています。また、すべての学科で希望者へ海外研修プログラムを実施し、保健・医療・福祉・スポーツ分野における豊かな感性と幅広い視野を身につけられるよう積極的に国際交流を推進しています。

海外学術交流協定・研修旅行・フィールドワーク例マップ
イメージ写真

Topic 【理学療法学科】【健康スポーツ学科】男子サッカー シンガポール代表チームの理学療法士・トレーナーと交流!

理学療法士・トレーナーと交流 本学はアルビレックス新潟と連携し、実践的な教育・研究活動を行っています。こうしたネットワークを活かして、新潟市内のデンカビッグスワンスタジアムに併設されたスワンフィールドにて、本学の学生が男子サッカーのシンガポール代表に帯同する理学療法士やトレーナーと交流しました。交流には理学療法学科と健康スポーツ学科のトレーナーコースの学生が参加し、日本とシンガポールのアスリートサポートの違いについて情報交換すると共に、プロスポーツ選手に対するケアの仕方についても学びました。英語での交流ということもあり、語学力の重要性を再確認するだけでなく、海外の理学療法士やトレーナーと交流できる貴重な経験となりました。


このページの先頭へ戻る