スマートフォンサイトを見る

就職・資格

臨床検査技師(国家資格) この資格を目指す/臨床技術学科

様々な検査業務を通して医師の診断や治療に必要な基礎データを提供し、患者様の治療に直接関わる、検査の専門家。
主に病院等の医療機関において、患者様から採取した血液や尿を検査する「検体検査」、身体に検査装置を装着して心電図や脳波などを検査する「生理学的検査」など、さまざまな検査業務を行います。これらの検査結果は、病気の予防や発見、治療方針の決定、治療効果の測定など、治療に直接関わる重要なデータとなるため、「チーム医療」の一員としてその活躍がますます求められています。また近年では、最新の検査機器を用いた遺伝子検査や移植治療の検査も行うなど、高度な検査技術に加え、検査機器に関する知識を有した人材が求められています。

仕事内容

臨床検査技師イメージ

主に病院や診療所などの医療機関で、患者様から採取した血液や尿を検査する「検体検査」、身体に検査装置を装着して心電図や脳波などを検査する「生理学的検査」など、さまざまな検査業務を行います。これらの検査結果は、医師が病気の診断や治療方針を定めるうえで、重要なデータとなるため、分析力も重要な能力の一つです。

主な活躍の場

  • 大学病院・総合病院・専門病院などの医療機関
  • 検査・健診・血液センター
  • 食品・製薬関連企業
  • 保健所・保健センター
  • 教育・研究機関

医療機関、健診センター、食品・栄養分野など、幅広いフィールドでニーズが高まっています。
現在、8割近くの検査が機械で行われています。また近年では、より高度な検査機器を用いた遺伝子検査や移植治療の検査が行われるなど、臨床検査技師には検査技術に加え、検査機器に関する知識を有した人材が求められています。また、メタボ健診をはじめ、病気予防のための検査が注目され、医療機関はもちろん健診センターや食品・栄養分野など、幅広いフィールドでそのニーズが高まっています。

OB・OGレポート

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

阿部 拓也

診療方針決定のための重要な仕事です

私は、臨床検査技師として主に機械を使って身体の外側から検査する生理検査を担当しています。生物学の「生」に 物理学の「理」で「生理」、つまり身体の中を物理学を応用した機械を使って外側から診る検査です。皆さんが検診で受けたことのある「心電図検査」や妊婦のお腹の中の赤ちゃんを観察する「超音波検査」などが代表的です。中でも私は腹部臓器の超音波検査に力を入れ、患者様の肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓、脾臓などに病気の種が潜んでいないか超音波で診ています。

阿部 拓也
卒業年度:平成26年3月卒業
出身高校:福島県・福島西高校
勤務先:福島県・公立藤田総合病院
職種・職位:臨床検査技師

大野 仁子

ダブルライセンスを活かし、地域医療に貢献したい

小さな頃から臨床工学技士と臨床検査技師の両方の仕事に興味を持っていた私は、迷わず本学科に入学することを決めました。
就職活動が始まり、本学に寄せられた求人を調べていくうちに、“臨床工学分野”と“臨床検査分野”の両方から多くの求人が寄せられていることが分かりました。また、ダブルライセンス取得を採用条件として、本学に限定した求人を希望された医療施設もありました。
私も、本学に届いた多くの求人の中から自分の将来の働き場所を選ぶのに、色々と迷いましたが、魚沼基幹病院で、患者様の検査データや病態・症状を踏まえた上で、医師に正しいデータを提供することのできる臨床検査分野を目指すことに決めました。
人と人とのコミュニケーションの始まりは、元気な挨拶からだと思います。大学時代に身につけた挨拶をする習慣で、病院内外の人たちと積極的にコミュニケーションをとりたいと思っています。これからも、本学科の第1期生として、誇りと責任をもって堅実に業務を全うしていきたいです!

大野 仁子
卒業年度:平成26年度
出身高校:新潟県・三条東高校
勤務先:一般財団法人新潟県地域医療推進機構 新潟大学地域医療教育センター 魚沼基幹病院
職種・職位:臨床工学技士・臨床検査技師

教員メッセージ

池上 写真

細胞診は、砂漠の中からダイヤを探す作業。
臨床技術学科/講師 池上 喜久夫

小学校の時に父が胃がんにかかり、入院・手術をしました。それをきっかけに、摘出した臓器は標本にして病理医が顕微鏡で見て診断するということ、またその標本を作製するのが臨床検査技師なのだと知りました。医療の現場で標本を作る作業があることに、子どもながらに深い興味を抱いたのを覚えています。
その後、私は臨床検査技師となり、さらに細胞診の資格を取得しようと勉強をはじめました。細胞診は患者様から採取された細胞を顕微鏡下に観察し、異常な細胞を探し出す仕事です。しかし、たくさんの細胞の中から標的の細胞を見つけ出すことはとても難しく、疲れる作業。興味を失いかけていた時、「細胞診は砂漠の中でダイヤを探す作業。時間をかけて」と先輩から言葉をかけられました。それ以来、ゆっくりあわてず、丁寧に観察することを心がけてきました。今でも標本を顕微鏡にセットする度に思い出される言葉。私の教え子たちへも大切に伝えていきます。

この資格取得を目指す! 臨床技術学科

この資格を目指す/臨床技術学科

  • 資料請求・大学案内請求
  • オープンキャンパスに申し込む

このページの先頭へ戻る