スマートフォンサイトを見る

就職・資格

診療情報管理士 この資格を目指す/医療情報管理学科

病院で保存される診療記録の管理・整理・点検を行う専門家。
疾病・手術記録などの診療情報の入力やチェックのほか、収集したデータを管理・分析し的確に活用することで医療の質の向上を支える。今後は「電子カルテ」の導入や「医療情報の開示」が進む医療福祉機関の中で、経営やマネジメントにも関与できる専門職としての活躍も期待される。

仕事内容

診療情報管理士イメージ

診療情報管理士は患者様の治療内容や病状、検査記録を書いたカルテの情報を専門的に扱い、管理を行います。担当の医師が書いた診療内容のチェックや、医師や看護師からの求めに応じて、患者様の治療記録や看護記録などをコンピュータで検索し、情報提供を行うなど、専門的な医学知識はもちろん、情報管理能力や医師や看護師らとの協調性も必要とされます。

主な活躍の場

  • 病院・診療所などの医療機関
  • 保健・福祉関連施設
  • 医療コンサルタント企業
  • 保健所・自治体などの行政機関

医療IT化の促進により、病院経営を左右する重要な役割の担い手として、ニーズが高まっています。
高度な医療を実現するために必要な「チーム医療」において、診療録をはじめとした情報管理および関連職種への適切な情報提供は最重要課題となり、今や診療情報管理士は「チーム医療」を実現する上で必要不可欠な存在です。さらに近年ではセカンドオピニオン、医療訴訟など、より質の高い診療情報の作成・管理・活用が求められ、病院経営や病院運営を左右する重要な役割を担う専門職として診療情報管理士へのニーズはさらに増加しています。

OB・OGレポート

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

荒川 徳子

事務業務で医療に貢献できる

私は現在、厚生労働省へ提出する入院患者様のデータを作成しています。必要となるデータは様々で、病名や特定の疾病への罹患リスク、手術情報など、患者様の入院の都度チェックをしながら作成しています。その他にも、入院カルテの管理や診療録の電子化、カルテの開示など、日々多くの業務に携わっています。

荒川 徳子
卒業年度:2016年度
出身高校:新潟県・柏崎高校
勤務先:長岡赤十字病院
職種・職位:診療情報管理士

東都 恵介

患者様の笑顔がやりがいです

私は現在、新潟市民病院で、診療情報管理士として働いています。主な仕事は、患者様のカルテを確認し病名や手術名に対応したICDコードをつける業務や、退院要約に記載されていることとカルテに記載されていることの整合性を確認する業務、またカルテの内容に不備があった際に医師等に督促する業務などがあります。病院内での業務は多岐にわたるため、診療情報管理士の役割の重要性を日々、実感しています。

東都 恵介
卒業年度:2014年度
出身高校:新発田商業高校
勤務先:新潟市民病院
職種・職位:診療情報管理士

この資格取得を目指す! 医療情報管理学科

この資格を目指す/医療情報管理学科

  • 資料請求・大学案内請求
  • オープンキャンパスに申し込む

このページの先頭へ戻る