臨床工学技士(国家資格)

生命に関わる高度な医療機器・装置の操作・点検・管理を行うスペシャリスト。

科学技術の発展にともない、ハイテク化が進む医療機器・装置の操作・点検・管理を行うスペシャリストです。心臓手術などで使用する"人工心肺装置"、透析治療などで使用する"血液浄化装置"などの「生命維持管理装置」を操作し、医師とともに治療や患者管理に直接関わります。他にも、人工呼吸器やペースメーカーなど、さまざまな医療機器・装置を安全に効果的に活用するための保守・管理業務を行います。日々、高度化する医療現場で、医学と工学の知識・技術をあわせ持つ医療スタッフとして、そのニーズはますます高まっています。

仕事内容

臨床工学技士イメージ

心臓手術などで使用する「人工心肺装置」、透析治療などで使用する「血液浄化装置」など、生命を維持するための装置を操作し、医師とともに治療や患者管理に直接関わります。他にも、「人工呼吸器」や「ペースメーカー」などの医療機器・装置を安全に効果的に使用するための保守点検や装置管理を行います。

主な活躍の場

  • 大学病院・総合病院・専門病院などの医療機関
  • 医療機器メーカー
  • 医用工学関連企業
  • 都道府県・市町村職員(医療職)
  • 教育・研究機関

高度化する医療現場において、医療機器・装置の操作・保守点検・管理業務はますます重要となっています。

医療機器は日進月歩で発展を遂げています。あらゆる医療機器・装置を安全に効果的に活用するための操作・保守点検・管理業務を行う専門家である臨床工学技士へのニーズは年々増加傾向にあり、多くの養成校で毎年ほぼ100%の就職率を達成しています。さらに高度化する医療現場において、医学と機器操作のスキルを併せ持つ医療スタッフとして、その役割はますます高まっています。

OB・OGレポート

医療機器を扱うプロフェッショナルとして

飯塚 大貴

私は、臨床工学技士として病院内の医療機器の管理・運用を行っています。それら医療機器の一つに人間の臓器の代わりをする生体機能代行装置があります。腎臓の代わりをする血液透析装置、肺の代わりをする人口呼吸器、心臓の代わりをするペースメーカーなど、様々な機能が備わっている分、それを扱うには相応の知識が必要です。日々の保守点検を行い、医療機器に何かトラブルがあれば対応し、時には医者に対して運用方法について意見し、他職種のスタッフに医療機器に関する勉強会を開くなど業務は多岐に渡ります。今後の医療現場でより活躍の見込まれるやりがいのある仕事です。

飯塚 大貴

卒業年度:平成27年3月卒業
出身高校:新潟県・新潟県立見附高校
勤務先:新潟県・新潟県厚生農業協同組合連合会 上越総合病院
職種・職位:臨床工学技士

信頼される医療の提供を目指して

今泉 裕之

私は、臨床技術学科の1期生として平成27年3月に卒業し、現在は4カ月間の研修を終え、主に医療機器の保守点検業務に就かせていただいています。今後の目標は、病院内における安全でスムーズな医療機器管理体制を作り上げることと、正確で迅速な検査結果を提供できる技術を身につけることです。そのためには、学会やセミナーにも積極的に参加してさらなる知識・技術の向上に努めていきたいと思っています。

今泉 裕之

卒業年度:平成26年度
出身高校:新潟南高校
勤務先:医療法人 新成医会 総合リハビリテーションセンター・みどり病院
職種・職位:臨床工学技士

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

教員メッセージ

牧口 写真

命に関わる「管理」を行う、臨床工学技士。

臨床技術学科/准教授 牧口 智夫

臨床工学技士は生命維持管理装置(血液透析装置、人工呼吸器、心電図モニターなど)の操作・管理を行うスペシャリストです。私も長年、状態の不安定なハイリスク患者さんの透析治療に深く関わってきました。その中の終末期治療では、華やかな場面はなく、チーム医療で最善を尽くしても、残念ながら命を救うことは出来ませんでした。「牧口さん、助けてくれ」という声は、今も私の耳から離れません。しかし患者さんから「助けてくれ」と言われたことは、信頼関係の証であったと誇りに思っております。
血液透析を行う患者さんの中には、交通事故や他の疾患が原因で一時的に血液透析を行う急性腎不全という病態があります。このようなケースでは血液透析から離れ完治するケースも多く、患者さんやその家族から感謝され、「臨床工学技士になって良かった」と心から喜ぶことが出来る瞬間でした。
医療から教育に身を転じた今、この経験を生かし、「良い医療」に貢献できる技術者を一人でも多く育てていきたいと考えています。

この資格取得を目指す! 臨床技術学科