アドミッション・ポリシー

新潟医療福祉大学では、建学の精神である「優れたQOLサポーターの育成」のもと、QOLサポーターに求められる資質・能力を、「専門知識と技術(Science)」、「チームワークとリーダーシップ(Team work)」、「対象者のやる気を起こす力(Empowerment)」、「問題解決力(Problem-solving)」、「自己の可能性を実現する力(Self-realization)」の5つの頭文字をとって『5つのSTEPS』と定義し、これら資質・能力を身につけた保健・医療・福祉・スポーツ分野の真のスペシャリストの養成を目的に特色ある教育を実践しています。
そこで本学では、これら建学の精神および教育の目的に共感する学生を広く受け入れるため、全学および各学科にて、「知識・理解」「思考・判断」「関心・意欲」「態度」「技能・表現」の5つの項目を柱としたアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を定め、以下に示すような能力、意欲等を有する学生を求めています。

全学共通のアドミッション・ポリシー

知識・理解
大学教育を受けるにふさわしい基礎的学習能力を有する。

思考・判断
ある事象に対して多面的に考察し、他者の意見を取り入れながら妥当な判断をくだすことができる。

関心・意欲
保健・医療・福祉・スポーツ領域の専門職を志す動機や意欲及び真理・真実を探究する意欲を有する。

態度
対話や関わりを通じて他者の意見や思いを把握し、それを共感的に理解しようとする態度を有する。

技能・表現
相手の話を良く聞くこと、自分の考えを相手にわかりやすく伝えること、他者と協力してものごとを行うことができる。

学科別のアドミッション・ポリシー

理学療法学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の英語・国語・数学等の基礎学力を有する。

思考・判断
ある事象に対して多面的に考察し、他者の意見を取り入れながら妥当な判断をくだすことができる。

関心・意欲
保健・医療・福祉に強い関心があり、理学療法士になろうとする高い意欲を有する。

態度
学習や課外活動等に対して主体的に行動しようとする態度を有する。

技能・表現
自分の意見を論理的に表現し、相手にわかりやすく伝えることができる。

作業療法学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の英語・国語・数学等の基礎学力を有する。

思考・判断
一つの事柄に対して様々な視点を持って思考し、論理的な判断をくだすことができる。

関心・意欲
保健・医療・福祉領域に関心があり、作業療法士になろうとする高い意欲を有する。

態度
相手の立場を尊重して傾聴するとともに、自ら積極的に行動しようとする態度を有する。

技能・表現
誰とでも抵抗なく対話でき、相手の話を理解し、かつ自分の意見をわかりやすく伝えることができる。

言語聴覚学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の英語・国語・生物等の基礎学力を有する。

思考・判断
言語聴覚障害のある人をとりまく諸問題を解決するために、様々な視点を持って、適切な判断をくだすことができる。

関心・意欲
保健・医療・福祉に強い関心があり、言語聴覚士になろうとする高い意欲を有する。

態度
言語聴覚障害のある人の様々な生き方や考え方を理解しようとする主体的な態度を有する。

技能・表現
誰とでも対話できるコミュニケーション能力を有し、相手にわかりやすく伝えることができる。

義肢装具自立支援学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の英語・国語・数学・物理・生物等の基礎学力を有する。

思考・判断
ある事象に対して論理的な思考をもって多面的に考察し、妥当な判断をくだすことができる。

関心・意欲
義肢装具、福祉用具・機器に強い関心があり、積極的に学ぼうとする高い意欲を有する。

態度
義肢装具、福祉用具・機器を通じて、社会に積極的に貢献しようとする態度を有する。

技能・表現
自分の考えを適切に表現し、相手にわかりやすく伝えることができる。

臨床技術学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の国語・数学・物理・生物・化学等の基礎学力を有する。

思考・判断
ある事象に対して多面的に考察し、他者の意見を取り入れながら妥当な判断をくだすことができる。

関心・意欲
保健・医療・福祉に強い関心があり、臨床技術者(臨床工学技士・臨床検査技師両資格取得者)になろうとする高い意欲を有する。

態度
学習や課外活動等に対して主体的に行動しようとする態度を有する。

技能・表現
自分の意見を論理的に表現し、相手にわかりやすく伝えることができる。

視機能科学科

知識・理解
入学後の修学に必要な、高校卒業相当のバランスのとれた基礎学力を有する。

思考・判断
保健・医療・福祉に関する諸問題を解決するために、様々な視点から物事を考え、他者の意見を取り入れながら適正な判断をくだすことができる。

関心・意欲
保健・医療・福祉・スポーツ領域に強い関心があり、視能訓練士になろうとする高い意欲を有する。

態度
何事にも積極的にチャレンジし、忍耐強く取り組む姿勢を有する。

技能・表現
誰とでも対話できるコミュニケーション能力を有し、円滑な意思の疎通を図ることができる。

救急救命学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の英語・国語・数学等の基礎学力を有する。

思考・判断
ある事象に対して論理的な視点から多面的に考察し、適切な判断をくだすことができる。

関心・意欲
救急医療や防災について関心があり、将来、 救急救命士として救急現場や災害現場の最前線で活躍し、地域社会に貢献したいという高い意欲を有する。

態度
常に人に対する思いやりの心をもち、他者と協調する態度とともに、自ら積極的に学習し、行動しようとする態度を有する。

技能・表現
他者の考えを理解するとともに、自身の考えを適切に表現し、誰とでも対話し、協力して行動できる能力を有する。

健康栄養学科

知識・理解
修学に必要な基礎学力(特に、英語・国語・数学・生物・化学)を有するとともに、学習技能(話を聞く、文章や図表を理解する、ノートを取る、自ら調べる)を備える。

思考・判断
「食と保健・医療・福祉」に関する課題について、その原因や解決策を筋道を立てて考え、自分の意見をまとめることができる。

関心・意欲
健康の維持・増進、病気の予防・治療、虚弱・介護予防に、管理栄養士として「食」の面から貢献したいという意欲を有する。

態度
学習や課外活動に対する旺盛な意欲を有し、円滑な人間関係を築く上で必要なやさしさ・協調性・感受性を有する。

技能・表現
自分の意見を論理的に表現し、相手にわかりやすく伝えることができる。

健康スポーツ学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の基礎学力を有する。

思考・判断
健康・スポーツに関する課題を考察する能力を有する。

関心・意欲
健康・スポーツについて、強い興味・関心があり、自ら探求する意欲を有する。

態度
健康・スポーツについて、自ら積極的に関わる行動力を有する。

技能・表現
他者と協力してものごとを成し遂げる能力を有する。

看護学科

知識・理解
入学後の修学に必要な高校卒業相当の英語・国語・数学・物理・化学・生物・地理・歴史等の基礎学力を有する。

思考・判断
ある事象に対して探究心を持ち、さまざまな視点から物事を考え、自分の意見をまとめることができる。

関心・意欲
看護に対する強い興味・関心があり、看護を学ぶ高い意欲を有する。

態度
人との関わりを大切にし、相互理解に努めようとする態度を有する。

技能・表現
自分の意思を表現し、周囲の人々と協力して物事を成し遂げる能力を有する。

社会福祉学科

知識・理解
社会福祉に関する専門的な知識と、人を理解するための基礎となる教養を身につける基礎学力を有する。

思考・判断
社会福祉に関する基礎的な知識について、自らの考えを持ち、活用することができる。

関心・意欲
社会の動向と福祉専門職の働きに強い関心があり、ボランティア活動に参加する意欲を有する。

態度
様々な人の生き方や考え方を大切にし、わかりあおうとする態度を有する。

技能・表現
相手の話をよく聴き、自分の意思を相手にわかりやすく伝えることができる。

医療情報管理学科

知識・理解
医療・情報・経営に関する知識を習得するために必要な高校卒業相当の基礎学力を有する。

思考・判断
ある事象に対して、多くの情報を整理・統合し、自分なりの思考に基づいた判断をくだすことができる。

関心・意欲
保健・医療・福祉に強い関心があり、関連する分野で活躍しようとする高い意欲を有する。

態度
常に人に対する思いやりを持つとともに、自ら積極的に学習し、行動しようとする態度を有する。

技能・表現
他者の話を理解するとともに、自らの意見をわかりやすく伝えることができる。