在学生メッセージ

一覧へ戻る

鈴木 真理子

新潟県言語聴覚学科3年鈴木 真理子Mariko Suzuki

言語聴覚士は、子どもを対象に支援を行うことが多くあります。学内にある「言語発達支援センター」では、ことばに遅れを持つ子どもに対し、専門の先生方が検査や訓練を行い、私たち学生も訓練に参加することができます。その他、病院カンファレンスの見学や失語症友の会でのボランティア活動など、様々な体験型学習を通して日々実践力を磨いています。将来は子どものコミュニケーションをサポートできる言語聴覚士になりたいです!


Q新潟医療福祉大学の言語聴覚学科に入学を決めた理由は何ですか?

家族が言語聴覚士の方にお世話になっていたことがきっかけで、この職業を知りました。
人とコミュニケーションを取れることは人生の喜びだと思います。QOLの向上は本人の幸せ、周りの人の幸せに繋がり、サポーターにもその喜びは伝わり嬉しくなれます。それがこの職業の魅力だと思います。

Q新潟医療福祉大学の言語聴覚学科に入学を決めた理由は何ですか?

言語聴覚士の勉強ができる大学を探していてこの大学を知りました。
新潟医療福祉大学は、言語聴覚学科だけではなく、様々な医療・福祉系の学部学科がそろっています。学科を超えて学ぶ科目や、連携ゼミなど、チーム医療を学べるカリキュラムが多くあります。
リハビリテーションは他職と連携、協力していくことが重要であり、それが学べるところが本学の魅力の一つだと思います。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「音声学」
例えば、音声学の中には、解剖学で学んだ口の中の構造のことや、言語学で学んだ言葉の構造のことなどが出てきます。
すべての科目に言えることなのですが、以前学んだ知識が別の科目でも必要になることがあります。それが高校とは違う大学の勉強の面白い部分である思います。科目同士はバラバラに存在するのではなく、繋がっています。復習にもなるし、別の視点から考えることができるので理解が深まります。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか?また、その理由も教えてください。

「充実」
設備や勉強へのサポートが充実しています。自習スペースとして使える場所が多いので余った時間を有効活用できます。また、学食が広いので、友人と楽しく昼食をとれます。パソコン用にコンセントがあるので、昼食後そのままそこでレポートを書けるのがありがたいです。

Q先生・家族・友人からもらった「夢を目指すキッカケとなった言葉」「私の背中を押してくれた言葉など、あなたにとって大切な『一言』と、その時のエピソードなどを教えてください。

学内の言語発達支援センターの見学中、小さい失敗を重ねてしまい、迷惑をかけたことに申し訳なく思っていたとき、先生にかけてもらった言葉。「時間があったらまた(見学に)来なさい。」と言ってもらえてとても嬉しく、未熟ながらもっと見学して勉強したい、という意欲が湧きました。

Q本学に入学して、あらためて良かったと実感することは何ですか?

臨床の現場を見学させてもらったことで、今自分が学んでいることが将来何の役に立つのかが分かりました。机に座っているだけでは学べないこともたくさんあります。自分で見たものと授業内容がリンクすると、その科目の面白さにも目が向くようになりました。見学の機会をもらえたお陰で、このような考え方を持てたと思います。

Q将来の目標や夢を教えてください。

元々子どもの発達に興味があって入学したのですが、「社会保障論」の講義を受けたことで、最近は「将来、身近な相手に何かあったとき、自分に正しい知識がある」状態でいたいと思うようになりました。そのためにも、言語聴覚士が扱うそれぞれの分野や、リハビリテーションの正しい知識を、しっかり学んでいきたいと思います。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

私は、オープンキャンパスに参加したときに、明るい大学であると思えたことが、入学を決める後押しになりました。敷地が広く建物が多いことに驚き、先生や大学生の方には親切にしてもらえました。豊栄駅からの送迎バスは、入学したら何度も使うことになるので、利用してみると良いと思います。学食も同じです。まずは軽い気持ちで参加してみてください!

一覧へ戻る

信越・北陸地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。