AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験

入学の権利はそのままで、特待生にチャレンジ!試験は、平成30年2月5日(月)・6日(火)に実施!どちらかの試験日のみの受験はもちろん、両日受験も可能!

「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」とは、AO入試・推薦入試・社会人等特別入試に合格し入学手続を完了した「入学予定者」が、入学の権利を保持したまま「新潟医療福祉大学 特待生制度」にチャレンジできる試験です。
※ 一般入試(前期日程)の受験者は、試験会場を問わず自動的に特待生選抜の対象となりますので、「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」に出願する必要はありません。

「 AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」により「新潟医療福祉大学 特待生」に採用された際は、最大で4年間の授業料が全額免除となります。その場合、すでにAO入試・推薦入試・社会人等特別入試の入学手続時に納入された入学手続時納付金より免除となる授業料分の金額を返還します。
2日間の試験日を両日受験する場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜するため、特待生採用のチャンスがさらに広がります。

インターネット出願により、24時間、全国どこからでも簡単に出願登録が可能で、1出願につき出願手数料3,000円の割引となります!

新潟医療福祉大学 特待生制度

対象者 以下のいずれかに該当する者
1.一般入試(前期日程)を受験し成績上位で合格した者
2.「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」を受験し、一般入試(前期日程)と共通で課される
  科目試験において高得点を収めた者
対象人数 対象者全体より50名程度
※平成30年2月5日(月)・6日(火)に実施する試験が対象
免除内容 【A特待生】15名程度
最大で4年間の授業料を全額免除 (入学金、施設設備金、実験実習料を除く)
※2年次以降の継続には、本学が定める審査を通過することを条件とします。
【B特待生】35名程度
1年次の授業料を全額免除 (入学金、施設設備金、実験実習料を除く)

AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験

AO入試・公募推薦入試(前期日程・後期日程)・指定校推薦入試・スポーツ推薦入試(前期日程・後期日程)・特別推薦入試・社会人等特別入試に合格し入学手続を完了した方は、「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」を受験することで、入学の権利を保持したまま「新潟医療福祉大学 特待生制度」にチャレンジすることが可能です。特待生に採用された際は、最大で4年間の授業料が全額免除となります。

「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」は、平成30年2月5日(月)・6日(火)に実施する一般入試(前期日程)と共通で課される科目試験の成績により特待生を選抜します。この試験への出願を希望する方は、出願手数料35,000円(インターネット出願なら32,000円)の納入と出願書類の提出が必要となりますので、7月発行の【平成30年度 学生募集要項】もしくは本学ホームページにて出願方法等を確認してください。出願する際は、入学手続を完了した学科と異なる学科に出願することはできません。また、特待生に採用されなかった場合でも、入学手続を完了した学科の入学を辞退することはできませんのでご注意ください。

試験日程

出願期間 試験日 結果発表日 手続期間
平成29年12月25日(月)

平成30年1月17日(水)
(消印有効)
平成30年2月5日(月)
平成30年2月6日(火)
【自由選択制(両日受験可)】
平成30年2月16日(金) 平成30年2月16日(金)

平成30年2月26日(月)
(消印有効)

選考方法・試験科目

一般入試(前期日程)と共通で課される科目試験において高得点を収めた方を採用します。
採用人数は、平成30年2月5日(月)・6日(火)に実施する一般入試(前期日程)を受験し成績上位で合格した方を含め、50名程度です。なお、両日共に同一の選考方法・試験科目で実施します。

学科 区分 試験科目
理学療法学科
臨床技術学科
診療放射線学科
必修 『英語』、『国語総合』
選択 『数学Ⅰ・数学A』、『物理基礎・化学基礎』、『物理基礎・生物基礎』、『化学基礎・生物基礎』、『物理』、『化学』、『生物』から1科目選択
作業療法学科
言語聴覚学科
義肢装具自立支援学科
視機能科学科
救急救命学科
健康栄養学科
健康スポーツ学科
看護学科
社会福祉学科
医療情報管理学科
必修 『英語』、『国語総合』
選択 『数学Ⅰ・数学A』、『物理基礎・化学基礎』、『物理基礎・生物基礎』、『化学基礎・生物基礎』、『物理』、『化学』、『生物』、『世界史B』、『日本史B』、『地理B』から1科目選択

※筆記試験は、いずれも各科目100点満点にて判定します。理学療法学科の選択科目についても100点満点にて判定します。
※『物理基礎・化学基礎』、『物理基礎・生物基礎』、『化学基礎・生物基礎』は、それぞれ100点満点にて判定します(各基礎科目は、それぞれ50点にて出題します)。
※解答方式は、全問マークシート方式です。
※『選択科目』は、試験当日に試験会場で選択することができます。
※試験問題の難易差により、試験日間および科目間に不公平が生じたと判断された場合は、中央値補正法により得点調整を行います。
※2日間の試験日を両日受験する場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜します。

【出願範囲について】
※『英語』は、コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰとし、リスニングを除く範囲から出題します。
※『国語総合』は、古文・漢文を除く範囲から出題します。
※『物理』は、「原子」を除く範囲から出題します。
※『化学』は、「高分子化合物の性質と利用」を除く範囲から出題します。
※『生物』は、「生態と環境」、「生物の進化と系統」を除く範囲から出題します。

試験会場

【新潟会場】新潟医療福祉大学 新潟県新潟市北区島見町1398番地

※新潟会場以外の試験会場(東京・郡山・高崎・長野・富山・鶴岡・仙台)では、受験できませんのでご注意ください。

出願手数料について

AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験は、一般入試(前期日程)と同様に、2月5日(月)・6日(火)に実施します。どちらかの試験日のみの受験はもちろん、2日間の両日受験も可能です。なお、2日間の試験日を両日受験する場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜します。また、出願手数料は、どちらかの試験日のみを受験する場合と同額となります。

■出願手数料(1試験日受験): 35,000円(インターネット出願なら32,000円)
■出願手数料(両日受験)  : 35,000円(インターネット出願なら32,000円)

出願の際は必ず7月発行の【平成30年度 学生募集要項】にて詳細をご確認のうえ、出願してください。

資料請求フォームはこちら