• 放射線医療のスペシャリスト診療放射線技師

診療放射線学科 定員90名 2018年4月新設(設置構想中)

「X線撮影」 「画像検査」 「放射線治療」
チーム医療の一員として医療現場を支える“診療放射線技師”を養成

目標とする資格

診療放射線技師(国家資格)

医師または歯科医師の指示のもと、人体への放射線照射を行うことのできる専門職です。主に病院で、X線撮影やCT検査、放射線治療などの場面において、放射線を出す医療機器を扱うほか、MRI検査、超音波検査など放射線を使わない検査や画像診断の補助も行います。また、診療放射線技師が提供する検査画像は、病気の診断や治療方針を決定するための重要な情報となるため、チーム医療の一員として重要な役割を担っています。

その他取得可能な資格

  • ● 第1種・第2種 放射線取扱主任者(国家資格)
  • ● エックス線作業主任者免許※1
  • ● ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許※1
  • ● 作業環境測定士※2
  • ※1 診療放射線技師(国家資格)の取得後、届出のみで取得が可能
  • ※2 診療放射線技師(国家資格)の取得後、試験が一部免除

ますます拡大する診療放射線技師のニーズ

超高齢社会の進展等により、がんの診断件数は2000年から2016年までに約50万件増加しており、がん治療におけるCT検査やMRI検査などの画像検査や放射線治療の重要性がますます高まってきています。こうした中、2010年4月には、厚生労働省から「放射線治療等に関わる業務の専門家として診療放射線技師を積極的に活用することが望まれる」という通知※が発せられています。これら社会背景を踏まえ、がんをはじめとする重大な病気の発見・検査から治療まで幅広い業務に対応することができる診療放射線技師へのニーズは今後ますます高まることが予想されます。
※厚生労働省「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」

全国の救急出動件数
出典:国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』をもとに加工

診療放射線学科の特色

学生全員で“診療放射線技師”を目指すカリキュラム

全国の救急出動件数

本学科では、診療放射線技師国家資格の取得に必要な科目をすべて“必修科目”として配置し、卒業時に学生全員で国家試験受験資格を取得します。各科目は学年進行に応じて段階的に配置され、すべての学生が安心して学べるカリキュラムとしています。また、1年次には、学生7~8名に対して担当教員を配置する「アドバイザー制」を導入し、学習面の不安から学生生活の心配ごとまで、あらゆる相談に対応します。さらに、早期から国家試験合格に向けた特別講義や模擬試験を実施するほか、学生一人ひとりの学習状況等に応じた個別指導を徹底し、学生全員の国家試験合格をサポートしていきます。

“高度な撮影技術と画像診断能力”を磨く本学独自のカリキュラム

診療放射線技師が提供する検査画像は、病気の診断や治療方針の決定を左右する非常に重要な情報となります。そのため、診療放射線技師には卓越した撮影技術と画像診断能力が求められます。本学科では、これら高度な技術を身につけるため“画像検査”や“画像診断”について実践的に学ぶ専門科目を数多く配置しています。また、近年ニーズが拡大している“救急医療”での活躍を想定した「救急撮影技術学」を必修科目として設け、迅速で正確な業務が求められる救急医療における撮影法などについても学んでいきます。こうした学びを通じて、あらゆる現場で高い専門性を発揮できる診療放射線技師を育成します。

科目例

  • ■ 画像診断学Ⅰ・Ⅱ
  • ■ 画像診断学演習
  • ■ 画像解剖学
  • ■ 救急撮影技術学
  • ■ 診療画像検査技術学Ⅰ(一般撮影・X線CT)
  • ■ 診療画像検査技術学実習Ⅰ(基本技術)
  • ■ 診療画像検査機器学実習 など

“チーム医療”の一員として活躍できる診療放射線技師を育成

本学では、医療系総合大学であるメリットを活かし、他学科の学生と共にチームで学ぶ「連携教育」を導入し“チーム医療”の一員として求められる、他職種への理解やチームワークスキルについて学んでいきます。また、救急救命学科と看護学科を併設する全国でも数少ない環境を活かし、学科独自の「救急チーム医療論」を配置し、近年、診療放射線技師へのニーズが拡大している“救急医療”におけるチーム医療についても実践的に学んでいきます。

本学では、医療系総合大学であるメリットを活かし、他学科の学生と共にチームで学ぶ「連携教育」を導入し“チーム医療”の一員として求められる、他職種への理解やチームワークスキルについて学んでいきます。また、救急救命学科と看護学科を併設する全国でも数少ない環境を活かし、学科独自の「救急チーム医療論」を配置し、近年、診療放射線技師へのニーズが拡大している“救急医療”におけるチーム医療についても実践的に学んでいきます。

“最新の実習施設・設備”で実践的な知識・技術を修得

X線CT装置

X線とコンピュータを使用し、3D化した身体の内部構造を調べる装置で、がんなどの病気発見に関わる検査について学びます。

X線TV装置

バリウムなどの造影剤を使って臓器や血管を撮影する装置で、人体の形態や機能に応じた撮影技法について学びます。

MRI検査装置

強力な磁気で脳や体の中を断面で撮影する装置で、様々な角度からの画像撮影技術を修得します。

読影室・医療画像情報学実習室

X線CT装置などで撮影された画像の処理を行い、画像構築や画像診断に関する能力を養います。

卒業後の進路

  • 病院等医療機関
  • 検診施設
  • 放射線を扱う研究機関
  • 医療関連企業(医療機器や医薬品を開発販売する企業)等

放射線を扱うことができる医療職である診療放射線技師は、画像検査や放射線治療のスペシャリストとして、その役割や重要性が高まっており、医療現場には欠かすことの出来ない存在となっています。そのため、全国の養成校では9割以上の卒業生が病院等の医療機関への就職を実現しています。

女性の“診療放射線技師”が求められています!

女性特有のがんである乳がんの早期発見には、診療放射線技師が行うマンモグラフィー検診が有効とされ、近年、検診率も増加しています。こうした中、女性が安心して検診を受けられるよう、女性の診療放射線技師が必要とされています。一方、国内での診療放射線技師の女性の割合は2割程度とまだ少なく、より多くの女性の診療放射線技師の活躍が求められています。

Check!最新の大学情報をGETしよう!!